4月8日 のつぶやき

こんばんは。
スーパームーンの光を浴びながら、八重桜の並木道を歩いています。桜が散ってしまって寂しいなと思った時に、また桜とは違った華やかさで楽しませてくれます。しかも今晩は、どこ歩いてもスーパームーンが清々とした光を届けてくれます。
コロナ騒動が嘘のような静けさ。人は、これまでずうっと、そして、きっとこれからもずっと、月の光に癒され力をもらつていくのだなあ、などと思い、願い、駅まで歩きます。

今日は郊外の老人保健施設の日でした。面会禁止の厳戒体制の中、タブレット面会を開始。涙ながらで「顔を見れてよかった。愛してるよ」
と画面に語りかけるご主人を見ていて、ウルウル。
きっと普通に面会してたらこんなこと言えないんだろうなと思ったり。
この状況だからこそできることを見つけ前向きにいきましょう。

太陽はまぶしくていつも見つめるわけにはいかないけれど、宇宙規模の間接照明の凛とした優しい光が、
地球上すべての家々を、木々を、人々を、そして私を照らし、どこへ行っても守ってくれているー

今いろいろな風が吹いているけれど、月は変わることなく見守ってくれている。まさに
風吹不動天辺月*
月の力、自然の力を感じたスーパームーンの夜でした。

•http://www.jyofukuji.com/10zengo/2004/12.hem