• 田宮菜奈子「日本におけるヘルスサービスリサーチ(HSR)の今後の展望」、公衆衛生、第83巻第9号、pp648-653、2019
  • 石崎達郎 「レセプト情報を用いた要介護高齢者の医療の実態把握」、公衆衛生、第83巻第9号、pp658-663、2019
  • 渡邊多永子「HSRにおける公的統計データ、医療・介護レセプトデータ、およびそれら突合データの利活用」、公衆衛生、第83巻第9号、pp664-668、2019
  • 金 雪瑩 「介護サービスの質の評価におけるビッグデータの活用」、公衆衛生、第83巻第9号、pp670-675、2019
  • 高橋秀人・森川美絵・森山葉子 「英国の地域包括ケアに用いられる社会指標の枠組み」、公衆衛生、第83巻第9号、pp683-689、2019
  • 濱田将太・児島剛太郎・岩上将夫「英国のプライマリケアデータベースの利活用」、公衆衛生、第83巻第9号、pp690-694、2019
  • 全保永  「韓国における公衆衛生分野での二次データ活用の現状」、公衆衛生、第83巻第9号、pp696-700、2019
  • 大森 純子, 梅田 麻希, 麻原 きよみ, 井口 理, 蔭山 正子, 小西 美香子, 渡井 いずみ, 田宮 菜奈子, 村嶋 幸代:活動展開技法モデル「コミュニティ・アセスメント」の提案:第6期公衆衛生看護のあり方に関する委員会活動報告 日本公衆衛生学雑誌 66 巻 3 号 p. 121-128  2019 年3月
  • Mori T. Better prediction of the economic burden of multimorbidity from medical and long-term care expenditures, BMC series blog, 2019.
  • 田宮菜奈子:第33回日本国際保健医療学会東日本地方会を開催して 国際保健医療 33 巻 4 号 p. 339-340 2018年12月
  • 森田 朗、岩本康志、小塩隆士、鈴木準、田宮菜奈子、福井唯嗣、柳川範之:人口変動が突きつける日本の将来 社会保障は誰が負担するのか NIRAオピニオンペーパー no.34 1-4頁 2018年3月
  • 田宮菜奈子:厚生労働科学研究費補助金(地域医療基盤開発推進研究事業)人生の最終段階における医療のあり方に関する調査の手法開発及び分析に関する研究 平成29 年度 総括・分担研究報告書(研究代表者 田宮 菜奈子)2018.05
  • 田宮菜奈子:厚生労働科学研究費補助金(循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合研究事業)健康寿命及び地域格差の要因分析と健康増進対策の効果検証に関する研究 平成29 年度 総括・分担報告書(研究代表者 田宮 菜奈子)2018.05
  • 田宮菜奈子:厚生労働科学研究費補助金(政策科学総合研究事業(政策科学推進研究事業))真のエイジング・イン・プレイス実現に向けた包括的実証研究 平成29 年度 総括・分担研究報告書(研究代表者 田宮 菜奈子)2018.05
  • 植嶋大晃. 地域包括ケアシステムを支える新たな指標づくり ATTENTION No.7 12-13頁 2018年5月
  • 森田 朗、岩本康志、小塩隆士、鈴木準、田宮菜奈子、福井唯嗣、柳川範之:人口変動が突きつける日本の将来 社会保障は誰が負担するのか NIRAオピニオンペーパー no.34 1-4頁 2018年3月
  • 宮田澄子. 自分たちのサービスの質を考える。施設で「湯灌」(ゆ かん)を行う意義 ATTENTION No.6 10-11頁 2018年3月
  • 田宮菜奈子. データ分析で制度の隙間を照らし必要な人へ必要な サービスを 月刊介護保険 N0.263 14-15頁  2018.1
  • 本間季里. 質の高いサービス提供のために、働く現場の幸福度を高 めたい ATTENTION No.5 10-11頁 2017年12月
  • 田宮菜奈子. 第3回: ヘルスサービスリサーチの実際 〜戦略研究「地域包括ケア実現のためのヘルスサービスリサーチ」成果を中心に〜 Monthly IHEP No.267 1-8頁 2017年9月 号
  • 田宮菜奈子. 第2回: ヘルスサービスリサーチの活用 Monthly IHEP No.266 1-4頁 2017年8月号
  • 田宮菜奈子:科学研究費補助金・基盤研究(B) (特設分野研究)満足できる人生の幕引きのために-根拠に基づく医療介護整備への学際的実証研究」平成26~28年度研究成果報告書(研究代表者:田宮菜奈子)2017.06
  • 田宮菜奈子:厚生労働科学研究費補助金(地域医療基盤開発推進研究事業)人生の最終段階における医療のあり方に関する調査の手法開発及び分析に関する研究 平成28 年度 総括・分担研究報告書(研究代表者 田宮 菜奈子)2017.05
  • 田宮菜奈子:厚生労働科学研究費補助金(循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合研究事業)健康寿命及び地域格差の要因分析と健康増進対策の効果検証に関する研究 平成28 年度 総括・分担報告書(研究代表者 田宮 菜奈子)2017.05
  • 田宮菜奈子:厚生労働科学研究費補助金(政策科学総合研究事業(政策科学推進研究事業))真のエイジング・イン・プレイス実現に向けた包括的実証研究 平成28 年度 総括・分担研究報告書(研究代表者 田宮 菜奈子)2017.05
  • 田宮菜奈子:厚生労働科学研究費補助金(政策科学総合研究事業推進(政策科学推進研究事業))家族介護者に対する支援のあり方に関する調査研究 平成 28 年度 総括・分担研究報告書(研究代表者 田宮菜奈子)2017.05
  • 田宮 菜奈子:厚生労働科学研究費補助金(政策科学総合研究事業(政策科学推進研究事業(臨床研究等ICT基盤構築研究事業))地域包括ケア実現のためのヘルスサービスリサーチ ―二次データ活用システム構築による多角的エビデンス創出拠点―   H27~H28年度総合研究報告書(研究代表者 田宮 菜奈子)2017.05
  • 田宮 菜奈子:厚生労働科学研究費補助金(政策科学総合研究事業(政策科学推進研究事業(臨床研究等ICT基盤構築研究事業))地域包括ケア実現のためのヘルスサービスリサーチ ―二次データ活用システム構築による多角的エビデンス創出拠点―   H28年度総括・分担研究報告書(研究代表者 田宮 菜奈子)2017.05
  • 田宮菜奈子. 第1回: ヘルスサービスリサーチとは Monthly IHEP No.265 1-4頁 2017年7月 号
  • 田宮菜奈子. ヘルスサービスリサーチとの劇的な出会い ATTENTION No.4 8-9頁 2017年8月
  • 田宮菜奈子. 医療・介護福祉サービスの隙間にデータの光を ATTENTION No.3 8-9頁2017年5月
  • Araki C, Imai H, Nakao H, Sugisawa H, Seki F, Tamiya N. Sexual Activity in the Elderly Japanese,TheJournal of Sexual Medicine May 2017 14(5), Supplement 4, Page e277 2017-05 DOI: http://dx.doi.org/10.1016/j.jsxm.2017.04.335 IF=2.978
  • 安藤裕一. 高齢化が進む日本におけるスポーツの担う役割/TheRoleofSportsonAgingSocietymJapan 危機管理研究 25, 23-30 70, 2017
  • 小林洋子, 田宮菜奈子.  聴覚障害のある女性がおかれている境遇を考える・ジェンダー視点からみた聴覚障害と統計 医学のあゆみ, Vol.256(7),  pp.843-845, 2016
  • 田宮菜奈子. 厚生労働科学研究費補助金(政策科学総合研究事業 (政策科学推進研究事業))地域包括ケア実現のためのヘルスサービスリサーチ ―二次デー タ活用システム構築による多角的エビデンス創出拠点―   H27年度総括・分担研究報告書(研究代表者 田宮菜奈子)2015
  • 田宮菜奈子. 研究への従事:生活と調和した医療を求めて治療, 2015-12,Vol.97(12),pp.1759-1761
  • 田宮 菜奈子:厚生労働科学研究費補助金(厚生労働科学特別研究事業)地域包括ケア実現のためのヘルスサービスリサーチ ―二次データ活用システム構築による多角的エビデンス創出拠点―   H26年度総括・分担研究報告書(研究代表者 田宮 菜奈子)2015.05
  • 田宮菜奈子. ときの人 最新介護経営介護ビジョン 2015年10月
  • 森山葉子, 田宮菜奈子. 介護に実態をデータからあきらかにする-ヘルスサービスリ サーチによる介護の科学的評価 週刊医学のあゆみ Vol.255 No.3 241-2 2015
  • 森山葉子, 田宮菜奈子.医療・介護・福祉の融合-現場発ヘルスサー ビスリサーチによる地域包括ケアの実現- 地域ケアリング.2015:17(9):52-54
  • 宮下裕美子, 田宮菜奈子、本澤巳代子、間辺利江、柏木志保、モゲ ス・アブ・ギルマ、大久保一郎、田中洋子、松田ひとみ.  筑波大学グローバルエイジングセンターの活動―地球規模の高齢 社会に向けた国際的・学際的取り組み― 高齢者ケアリング学研究会誌. 2014:4(2):33-38
  • Moges A, Tamiya N, Yamamoto H: Emerging Population Ageing Challenges in Africa: A Case of Ethiopia. Journalof International Health 2014:29(1):11-15.
  • 田宮菜奈子.【特集:介護者支援の国際比較:要介護者と家族を支える取り組みの多様性】特集の趣 旨、   海外社会保障研究、184号、2-3頁、2013.9
  • 田宮菜奈子.厚生労働科学研究費補助金(地球規模保健課題推進研究事業)グローバルエイジングへの国境なき挑戦―経 験の共有と尊重を支える日本発学際ネット ワークによる提言に関する研究―平成24年度総 合・総括・分担研究報告書 研究代表者 田宮菜奈子.2013.5
  • 柏木聖代, 田宮菜奈子.【実地医家のための最新・在宅医療実践ガイ ド 入門から最前線まで】 在宅医療を実践しながら身につけること 在宅での安心・安全診療のポイント 在宅医療における感染対策、医療廃棄物の処理、予防接種など. Medical Practice. 30巻臨増 :77-82 (2013.04)
  • 田宮菜奈子. ヘルスサービスリサーチ(最終回):ヘルスサービスリ サーチの現状と今後の我が国における役割. 日本公衆衛生雑誌. 2012;59(12):889-92.
  • 松田智行, 田宮菜奈子, 柏木聖代, 加 藤剛平, 野 口晴子. 機能訓 練事業利用者と介護保険サービスとの関係. 日本理学療法学術大会 2011(0) 1294  (2012.04)
  • 田宮菜奈子.厚生労働科学研究費補助金(政策科学総合研究事業(政策科 学推進研究事業))福祉・介護サービスの質向上のためのアウトカム評価拠点―実 態評価か ら改善へのPDCAサイクルの実現―平成23年度総合・総括・分担研究報告書  研究代表者 田宮菜奈子.2012.3
  • 相崎扶友美, 田宮菜奈子, 柏木聖代, 福 島敬, 須 磨崎亮. 乳幼児の麻 疹ワクチン接種率を上げるには?  個別再勧奨効果の検討. 日本小児科学会雑誌 2011:115(10):1597-1598
  • 松澤明美,田宮菜奈子. ヘ ルスサービスリサーチ (14): ケアラーへの支援とヘルスサービスリサーチ . 日本公衆衛生雑誌. 2011;58(9):805-9.
  • 伊藤智子, 田宮菜奈子, 宮石智. ヘ ルスサービスリサーチ (13): 学際的視点から―法 医学とHSR― . 日本公衆衛生雑誌. 2011;58(8):634-9.
  • 相崎扶友美,田宮菜奈子,東尚弘, 柏木聖代. ヘルスサービスリサーチ (8). チャイルドヘルスサービスリサーチ. 日本公衆衛生雑誌. 2011;58(3):202-8.
  • 加藤剛平, 柏木聖代, 田 宮菜奈子. ヘ ルスサービスリサーチ (7) ヘルスサービスリサーチと介護保険サービス. 日本公衆衛生雑誌. 2011;58(2):133-7.
  • 柏木聖代,田宮菜奈子. ヘ ルスサービスリサーチ(6). 地域ケア活動の評価. 日本公衆衛生雑誌. 2011;58(1):54-7.
  • 田宮菜奈子.厚生労働科学研究費補助金(政策科学総合研究事業(政策科 学推進研究事業))福祉・介護サービスの質向上のためのアウトカム評価拠点―実 態評価か ら改善へのPDCAサイクルの実現―平成22年度総括・分担研究報告書 研究代表者 田宮菜奈子.2011.3
  • 柏木聖代.【つながる、拡げる、ネットワークする: これからのステーション経営】実践報告: 茨城県での取り組み: ケアマネジャーとのギャップを埋めて訪問看護の利用を増やす. 訪問看護と介護, 16(8): 652-655, 2011.
  • 柏木聖代. ヘルスサービスリサーチ地域ケア活動の評価. 日本公衆衛生雑誌, 58(1): 54-57, 2011.
  • 田宮菜奈子. ヘルスサービスリサーチ (2) ヘルスサービスリサーチの基礎知識. 日本公衆衛生雑誌. 2010;57(7):582-4.
  • 田宮菜奈子. ヘルスサービスリサーチ (1): 連載開始にあたって. 日本公衆衛生雑誌.57(6):491-2,2010.
  • 柏木聖代.「訪問看護10カ 年戦略」を実現するために訪問看護師がすべきこと. コミュニティケア, 12(4): 28-29, 2010.
  • 柏木聖代. 【現代社会に求められる看護の専門性】在宅看護の推進を 担う看護師の役割:看護師の専門性を実感するために. Nurse eye, 23(2): 59-71, 2010.
  • 田宮菜奈子.厚生労働科学研究費補助金(政策科学総合研究事業(政策科 学推進研究事業))福祉・介護サービスの質向上のためのアウトカム評価拠点―実 態評価か ら改善へのPDCAサイクルの実現―平成21年 度総括・分担研究報告書 研究代表者 田宮菜奈子.2010.3
  • 田宮菜奈子. 介護における性差の問題と対策.日本老年医学会雑誌 2008:45(3):274-277.
  • 田宮菜奈子.厚生労働科学研究費補助金 政策科学総合研究事業(政策科 学推進研究事業) 法医剖検事例の公衆衛生学的時系列分析に基づく高齢者孤独死撲滅のた めの実証的予防政策立案(H19-政策-一 般-006)報告書 研究代表者 田宮菜奈子.2008.3
  • 林原好美, 田宮菜奈子.「親 の介護が大変です」介護をめぐる女性の負担と活用できる社 会資源. Medicina. 医 学書院 2007:12.44(13):2321-2326
  • 田宮菜奈子. 科学研究費補助金(基盤研究B)研究成果報告書 アウトカム評価に基づく高齢者施設ケアの質の確保システムの構築-TQM(Total Quality Management)による転倒事故予防対策- 研究代表者 田宮菜奈子. 2007.3
  • 田宮菜奈子.厚生労働科学研究費補助金(長寿科学総合研究事業) 高齢者の望ましい終末期ケア実現のための条件整備に関する研究-介護保険施設における終末期ケアの検討を中心に(H17-長 寿-一般-039)報告書 研究代表者 田宮菜奈子.2007.3
  • 伊勢田暁子, 小谷幸, 上 鶴重美, 柏 木公一, 柏木 聖代, 岡谷恵 子.看護師人員配置を検討するためのデータベースの開発. 看護提供体制と患者アウトカ ムの関係性の文献学的考察. 日本看護管理 学会誌, 9(1): 45-59, 2005.
  • 田宮菜奈子.厚生労働科学研究費補助金(長寿科学総合研究事業) 高齢者の望ましい終末期ケア実現のための条件整備に関する研究-介護保険施設における終末期ケアの検討を中心に(H17-長 寿-一般-039)報告書 研究代表者 田宮菜奈子.2006.3
  • 田宮菜奈子. 介護と女性. 荒木葉子編 女性のウェルネス・ガイド (からだの科学;増刊). 日本評論社 2005.11:24-28.
  • 田宮菜奈子.医療と福祉の連携における公衆衛生学の役割.第19期日本 学術会議 予防医学研究連絡委員会報告 衛生学・公衆衛生学の将来展望 Japan Perspectives in Public Health 2005:26-27.
  • 田宮菜奈子, 松澤明美. 介護負担感における性差.性差と医療 2005:2(11):49-54.
  • 田宮菜奈子, 松澤明美. 高齢者虐待―高 齢者介護と家族の視点から.法律時報 2005:5. 956:55-62.
  • 柏木聖代, 岡谷恵子. ICNPバージョン1概 要について. 看護, 57(10): 54-55, 2005.
  • 柏木聖代.ドイツの看護師制度の概要. 医療・看護制度の現状と課題. 世界の労働,2005.
  • 柏木聖代.タイの看護師制度の概要. 医療・看護制度の現状と課題. 世界の労働,2005.
  • 柏木聖代, 岡谷恵子, 上 鶴重美, 井 後登史子. 根 拠に基づく看護技術のデータベース化がもたらすもの. 国内におけるEBNデー タベースの開発と今後の課題. インターナショナルナーシングレビュー, 27(5): 40-44, 2004.
  • 柏木聖代.【褥瘡患者管理加算対応 チームで展開する褥瘡ケア】褥瘡対策における診療報酬の改定. 看護, 56(11): 36-37, 2004.
  • 柏木聖代. ICNPをもっと理解するために: リードタームとしてのICNPの可能性. インターナショナル ナーシングレビュー, 27(4): 63-65, 2004.
  • 田宮菜奈子.厚生労働科学研究費補助金(政策科学研究事業) サービス利用モデルを用いた給付実績分析による介護保険政策評価研究(H14-政策-031)報告書 研究代表者 田宮菜奈子.2004.3
  • 田宮菜奈子.訪問看護サービスの役割と質の評価.教育と医学.慶應義塾大学出版 2003: 59-66.
  • 田宮菜奈子.厚生労働科学研究費補助金(政策科学研究事業) サービス利用モデルを用いた給付実績分析による介護保険政策評価研究(H14-政策-031)報告書 研究代表者 田宮菜奈子. 2003.3
  • 田宮菜奈子.厚生労働科学研究補助金(情報高度利用研究事業)代表者 橋本秀樹 社会的経済要因が地域健康に及ぼす影響を解明するための保健統計活用に関する研究(H14–統 計-004) 分担報告書 国民生活基礎調査にみる要介護高齢者の状況.2003.3
  • 田宮菜奈子.厚生科学研究費補助金(健康科学総合研究事業)女性の健康寿命のためのホルモン補充療法活用に向けての基礎的・疫 学 的研究(H13-健康 -015) 分担研究報告書ストレスと男女差-介護ストレスと職業性ストレスにおける男女比較.2003.3
  • 柏木聖代.訪問看護ステーションと病院間で求められる情報とは.訪問看護と介護, 8(3): 186-190,2003.
  • 柏木聖代. 早期退院連携ガイドラインの目的と根拠. 全国調査にみるガイドラインの エビデンス.コミュニティケア, 5(11): 16-20, 2003.
  • 柏木聖代. 特定機能病院における包括評価導入の動向について. 看護, 55(6): 24-26, 2003.
  • 水流聡子, 石垣恭子, 美 代賢吾, 柏 木公一, 柏木 聖代, 高見美 樹. 医療連 携の時代と看護 連携のための方法と課題 連携に必要な情報の精選と電子的手段による共有 現況と展望 病院看護と訪問看護の連携. 看護展望, 27(2): 148-152, 2002.
  • 田宮菜奈子.厚生科学研究費補助金(健康科学総合研究事業)女性の健康寿命のためのホルモン補充療法活用に向けての基礎的・疫 学 的研究(H13-健康 -015) 分担研究報告書 高齢者介護における男女差.2002.3
  • 川越博美、田宮菜奈子. 訪問看護サービス利用者への情報提供のあり 方検討事業. 平成12年度社会 福祉・医療事業団(長寿社会福祉基金)助成事業 研究報告書 2001.
  • 田宮菜奈子. 公的介護保険前後のサービス利用・経済負担の変化とそ の関連要因. 代表 者.荒井由 美子 公的介護保険の導入と介護者の介護負担に関する研究. 厚生科学研究 研究費補助金 長寿科学総合研究事業 平成12年度総括・分担研究報告書 2001:28-32.
  • 田宮菜奈子. 高齢者の転倒事故の予防に向けて-老人保健施設におけ る転倒例の分析およびそれに基づく対策設定(QA:Quality Assessment・QI:Quality Improvementの 導入). 第15回総合健康推進 財団研究報告書 2001:91-104.
  • 田宮菜奈子. 要介護老人を抱える家族の老人ケアの場所への意志決定 過程―家族面接にみる ステイグマ・葛藤の実態―. 明治生命厚生事業団研究助成論文集健康文化6 明治生命厚生事業団 東京 2000:83-88.
  • 川越博美、田宮菜奈子、藤村和弘、他12名. 介護保険制度下における訪問看護サービスの質の向上・評価に関する研究. 平 成11年度厚生省老人保険事業推進費補助金事業 川越班報告書 2000:54-60:90-93(分担執筆頁).
  • 田宮菜奈子. 米国の高齢者ケア施設管理医認定制度と監査―福祉における医療を探る. 日本医事新 報 2000:3978:69-72.
  • 田宮菜奈子. 日常の訪問看護業務における継続的な質向上のための対 策―QA(Quality Assessment)QI(Quality Improvement) の導入. 長寿科学総合研究1997年 度研究報告Vol.7 リハビリテ-ション・看護・介護分野 1999: 386-392.
  • 田宮菜奈子. 訪問看護の質向上のための方策. 厚生省長寿科学総合研究 リハビリテ-ション・看護・介護 七田班 訪問看護の質的向上に関する研究報告書 1998:27-48.
  • 田宮菜奈子. 保健事業評価の実際―outcome(結 果)およびprocess(過 程)の評価例. 保健婦雑誌 1998:54:114-119.
  • 田宮菜奈子. 訪問看護ステ-ションにおける医師との連携の実態およ び良好な連携のための要因―医 師およびステ-ション双方を対象として. 長寿科学総合研究1996年 度研究報告Vol.7 リハビリテ-ション・看護・介護分野 1997:59-62
  • 田宮菜奈子. 訪問看護ステ-ションにおける医師との連携―電話調査による実態と問題点. 長寿科 学総合研究1995年度研究報 告Vol.7 リ ハビリテ-ション・看護・介護分野 1996:379-383.
  • 田宮菜奈子. 脳血管障害患者の日常生活動作(ADL) の長期予後に影響を及ぼす若年時か らのライフスタイル要因. 第8回総合健康推進財団 研究報告書 1996:91-99.
  • 田宮菜奈子, 荒記俊一, 小林廉毅, 山 下公平, 村 田勝敬, 佐々木 和人, 矢 野栄二. 脳血管障 害患者の利用者の男女差とその要因―埼 玉県の脳血管障害者を対象とした疫学調査報告. 厚生の指標 1996:43:16-21.
  • 當山典子, 正木礼子, 溝 口和佳子, 小 松恵美子, 岩 戸典子, 田宮 菜奈子. 在 宅痴呆老人の介護負担に及ぼす要因の検討―Visual Analogue Scale (VAS)を 用いて. 第26回日本看護学会 地域看護抄録集 1995:100-103.
  • 田宮菜奈子, 庄司宗介. 在宅医療実施上の諸問題の現状と法的対応策の検討―わが国の現状および米国 の在宅医療過誤訴訟・法構築との比較分析. 大同生命厚生事業団在宅老人福祉研究助成報 告書 1995:8-9.
  • 當山典子, 正木礼子, 吉 留絵理, 内 田ゆかり, 菊 地ツヤ子, 田 宮菜奈子. 在 宅死を可能にする要因の分析. 第24回 日本看護学会地域看護抄録集 1993:189-191.
  • Donald Stewart, 田宮菜奈子, 平野 亙. 患者の権利を守るために―オ-ストラ リア・ヴイクトリア州の試み. 日本医事新報 1993:3627:26-30.
  • 田宮菜奈子. プライマリ・ケアにおける研究方法の実際-疫学手法を 中心に. 日本プラ イマリ・ケア学会誌 1993:16:14-21.
  • 加納克己, 佐々木順子, 大滝純司, 田 宮菜奈子, 吉 沢和朗, 湊孝 治, 茂手木 甲寿夫, 石田久 美子, 林 美代子, 村上茂 樹, 浅野 幸子, 薗部久子. 在宅療養 のための条件整備に関する調査研究事業報告書 1993:17-48.
  • 村上正孝, 田宮菜奈子. 外国人労働者の労働衛生. 医学のあゆみ 1992:160:873-877.
  • Hatano S, Fujita T, Shichita K, Makita F, Tamiya N. A Longitudinal Study on the Elderly in Three Areas inJapan. New Horizons in Aging Science-Proceedings of the Fourth Asia/Oceania Regional. Congress of Gerontology 1992:314-315.
  • 加納克己, 佐々木順子, 大滝純司, 田 宮菜奈子, 吉 沢和朗, 湊孝 治, 茂手木 甲寿夫, 石田久 美子, 林 美代子, 村上茂 樹, 浅野 幸子, 薗部久子. 在宅療養 に関する調査研究事業報告. 茨 城県衛生部保健予防課 1992
  • 伊藤幸治, 森田寛, 灰 田美知子, 秋 山一男, 長 谷川眞紀, 村上 正孝, 田 宮菜奈子, 木野稔 也, 高 橋清, 宗田良, 兜真徳, 新田裕史. 成人気管支喘息の成因 に関する研究 公害健康被害補償予防協会委託業務報告書. 国立環境研究所 1991.
  • 田宮菜奈子. 在宅タ-ミナルケア. 臨床成人病 1991:21:1985-1991.
  • 七田恵子, 巻田ふき, 鎌 田ケイ子, 大 竹登志子, 籏 野脩一, 大渕 律子, 矢部 弘子, 田宮菜奈 子. 高齢 虚弱者および高齢死亡者に関する調査. 東京都老人総合研究所看護学研究部門 1991.
  • 田宮菜奈子, 荒記俊一. 在宅脳血管障害患者に関する疫学的研究. 医学のあゆみ 1991:157:142.
  • 峰久仁夫, 星 旦二, 徳 留修身, 戸 部敏明, 田宮 菜奈子. 中野 区の成人病の特徴II. 中 野区保健衛生 1990.
  • 佐々木 和人, 渡辺 彰, 中村 恵, 水井 尚子, 吉村 哲幸, 岡 清美, 田宮菜奈子.患者のNeedか ら見た地域リハビリテーションの一考察.理学療法学.1990:17: 184