• 濵野淳、羽成恭子、田宮菜奈子:多職種におけるEnd of life discussionの実態と関連する要因 第24回日本緩和医療学会学術大会 2019-06-21~2019-06-22 神奈川県(ポスター)
  • 永田 功、阿部 智一、内田 雅俊、田宮 菜奈子:ICUに入室した高齢患者の長期予後 第46回 日本集中治療医学会学術集会 2019年3月1日 京都
  • 永田 功、阿部 智一、内田 雅俊、田宮 菜奈子:集中治療・救急医療に関わる医療従事者の終末期医療に対する意識調査 第46回 日本集中治療医学会学術集会 2019年3月1日 京都
  • 岩上 将夫:新規の要介護認定に関連する背景疾患:大規模日常診療情報を用いた観察研究の限界への挑戦 第29回 日本疫学会学術総会 2019年2月1日 東京都(シンポジウム)
  • 岩上 将夫、鈴木 守 、安富 元彦 、飯島 勝矢、吉江 悟、田宮 菜奈子:新規の要介護認定に関連する背景疾患:医療・介護レセプト連結データを用いた ケース・コントロール研究 第29回 日本疫学会学術総会 2019年1月30日 東京都(ポスター)
  • 鈴木 俊輝、岩上 将夫、田宮 菜奈子:高齢者における通院中の病院数と多剤併用の関連 第29回日本疫学会学術総会 2019年1月31日 東京(口頭)
  • Hanari K, Tamiya N: National questionnaire survey on Advance Care Planning in Japan. GSA2018 2018.11.17 Boston, USA(シンポジウム)
  • Mitsutake S, Koike T, Ishizaki T, Nishi M, Kobayashi E, Hasebe M, Tamiya N, Fujiwara Y: The associations of social isolation with medical and long-term care utilization among older adults in Japan.  GSA2018, 2018.11.17. Boston, USA(ポスター)
  • Sandoval F, Tamiya N, Jin  X, Watanabe T: Multilevel View of Facility Characteristics and Care Need Level Deterioration in Private Residential Homes in Japan. GSA2018 2018.11.16 Boston, USA(ポスター)
  • Jinnouchi H, Tamiya N, Ueshima H, Kawada T, Ishizaki T, Yoshie S, Iijima K: Does Care Burden of Dementia Vary by Locomotive Function among Japanese Elderly People? GSA2018, 2018.11.15. Boston, USA(ポスター)
  • Uda K, Yasunaga H, Tamiya N: Early intensive rehabilitation after hip fracture surgery and activities of daily living in patients with dementia.  GSA2018 2018.11.15 Boston, USA(ポスター)
  • Iwagami M, Kobayashi Y, Tsukazaki E, Watanabe T, Sugiyama T, Wada T, Hara A, Tamiya N: Hearing Loss and Outdoor Activity Limitation, Psychological Distress, and Memory Loss among Elderly People in Japan. GSA2018, 2018.11.15. Boston, USA(ポスター)
  • 宮田 澄子、小竹 理奈、羽成 恭子、田宮 菜奈子:人生の最終段階での医療・療養方針の決定に関する状況―病院と介護保険施設での比較― 第77回日本公衆衛生学会総会  2018年10月26日 福島県(ポスター)
  • 佐藤 幹也:総合診療医が地域医療の効率化に果たす役割 第77回日本公衆衛生学会総会  2018年10月25日 福島県(口頭)
  • 安藤 裕一、植嶋 大晃、渡邊 多永子、田宮 菜奈子:高齢者の運動参加の機会の増加に向けて:総合型地域スポーツクラブ活動状況調査の分析 第77回日本公衆衛生学会総会  2018年10月25日 福島県(ポスター)
  • 渡邊 多永子、高橋 秀人、野口 晴子、田宮 菜奈子:健康寿命算出に用いられる指標間の一致度に関する分析 第77回日本公衆衛生学会総会  2018年10月25日 福島県(ポスター)
  • 杉山 雄大、小林 廉毅:約5年間の医療レセプト・特定健診データを用いたリスク因子別透析導入率の算出 第77回日本公衆衛生学会総会  2018年10月25日 福島県(口頭)
  • 裴 麗瑩、杉山 雄大、ジョン ボヨン、田宮 菜奈子:療養施設における高齢者の回避可能な入院の定義に関する海外先行研究レビュー 第77回日本公衆衛生学会総会  2018年10月25日 福島県(ポスター)
  • 岩上 将夫、安富 元彦、浜田 将太、田宮 菜奈子:新規の要介護認定前後の医療費の短期的変化 第77回日本公衆衛生学会総会  2018年10月25日 福島県(口頭)
  • Abe T, Ogura H, Gando S, Fujimi S, Fujishima S, Hagiwara A, Hifumi T, Iba T, Ikeda H, Kotani J, Kushimoto S, Masuno T, Mayumi T, Nakada T A, Okamoto K, Otomo Y, Saitoh D, Sakamoto Y, Sasaki J, Shiino Y, Shiraishi A, Shiraishi S I, Takeyama N, Takuma K, Tarui T, Tsuruta R, Ueyama M, Umemura Y, Yamakawa K: Epidemiology, patterns of care, and in-hospital mortality for patients with severe sepsis in ICUs in Japan: The FORECAST study 31st Annual Congress of the European Society of Intensive Care Medicine 2018年10月24日 France(ポスター)
  • 岩上 将夫、Laurie Tomlinson, Kathryn Mansfield, Ian Douglas, Liam Smeeth, Dorothea Nitsch:腎機能別に見たSSRIの消化管出血リスク:英国CPRDを用いたコホート研究 第24回日本薬剤疫学会学術総会 2018年10月13日 宮城県仙台市(口頭)
  • Hanari K, Tamiya N, Mayers T, InoueM, Gallagher J:Differences of preferred place to receive end-of-life care depending on assumed diseases: results from a national questionnaire survey of the general population in Japan. 22nd International Congress on Palliative Care 2018.10.4 Montreal, Canada
  • Inoue M, Hanari K, Gallagher J,Tamiya N:Current Practice of Advance Care Planning Among Doctors and Nurses: Results from a National Survey in Japan  22nd International Congress on Palliative Care 2018年10月2~5日(発表日10月4日) Montreal, CANADA (口頭)
  • Adomi M, Iwagami M, Kawahara T, Hamada S , Iijima K, Yoshie S, Ishizaki T, Tamiya N: Long-term urinary catheterization and urinary tract infection among older people in the community 日本臨床疫学会 第2回年次学術大会  2018年9月29日 京都府京都市(ポスター)
  • 森 隆浩、浜田 将太、吉江 悟、田宮 菜奈子: The association of baseline comorbidity with the sum of healthcare and long-term care expenditures for 12 months using claims data 日本臨床疫学会 第2回年次学術大会  2018年9月29日 京都府京都市(ポスター)
  • 植嶋 大晃、高橋 秀人、渡邊 多永子、野口 晴子、田宮 菜奈子:重度要介護高齢者の在宅日数に関連する介護保険サービス 日本臨床疫学会 第2回年次学術大会  2018年9月29日 京都府京都市(ポスター)
  • Kim H, Tamiya N, Jeon B, Hashimoto H. Recent Reforms for the Coverage and Sustainability of the Public Long-term Care Insurances in Japan and South Korea EuHEA2018(12th European Conference on Health Economics) 11-14July 2018  MECC Maastricht Netherlands
  • Morales M, Watanabe T, Abe T, Tamiya N :Factors related to length of stay at the emergency room in a Japanese hospital: a stratified analysis by age, updated version  第33回日本国際保健医療学会東日本地方会 2018年7月7日 茨城県つくば市(ポスター)
  • Gallagher J, Tamiya N, Hanari K:Association of Usage of Guidelines Usage for End-of-Life Care with the Practice of Advance Care Planning in Japan 第33回日本国際保健医療学会東日本地方会 2018年7月7日 茨城県つくば市(ポスター)
  • Hanari K, Gallagher J, Tamiya N :Factors associated with discussing with one’s family on preferences foFu Rture medical treatment among older persons.Results from a national questionnaire survey among general population in Japan. 第33回日本国際保健医療学会東日本地方会 2018年7月7日 茨城県つくば市(ポスター)
  • Ueshima H, Tamiya N, Yozu A, Noguchi H, Takahashi H: Kinds of Activity of Daily Living tasks Associated with Long Hours of Informal Care: analysis of the national representative survey in Japan. 第33回日本国際保健医療学会東日本地方会 2018年7月7日 茨城県つくば市(ポスター)
  • Jin X, Tamiya N, Takahashi H, Noguchi H: Place of death and care-need level trajectory in the last 5 years of life第33回日本国際保健医療学会東日本地方会 2018年7月7日 茨城県つくば市(ポスター)
  • Moriyama Y, Jin X, Takahashi H,, Mayers T,Ueshima H, Tamiya N: Which combination of Japanese long-term care insurance care services contribute to preservation or improvement of care-need level? 第33回日本国際保健医療学会東日本地方会 2018年7月7日 茨城県つくば市(ポスター)
  • Sandoval F, Tamiya N: A review of the literature on using long-term care claim data on epidemiological studies in Japan第33回日本国際保健医療学会東日本地方会 2018年7月7日 茨城県つくば市(ポスター)
  • Nagata I, Abe T, Uchida M, Tamiya N: Attitudes towards end-of-life care of elderly critical patient with poor neurological prognosis among medical workers who engage in emergency care and intensive care第33回日本国際保健医療学会東日本地方会 2018年7月7日 茨城県つくば市(ポスター)
  • Mori T, Takahashi H, Hamada S ,Yoshie S, Tamiya N: The association of comorbidity with healthcare expenditures using claims data in Japan第33回日本国際保健医療学会東日本地方会 2018年7月7日 茨城県つくば市(ポスター)
  • Watanabe T, Sugiyama T, Takahashi H, Noguchi H, Tamiya N: Married couples’ risk of diabetes in Japan: cross sectional study第33回日本国際保健医療学会東日本地方会 2018年7月7日 茨城県つくば市(ポスター)
  • Yoshida K, Tachikawa H, Aiba M, Midorikawa H, Arai T, Tamiya N:A multi-level analysis of geographic variations in sleep disturbances and their correlates among older adults in Japan第33回日本国際保健医療学会東日本地方会 2018年7月7日 茨城県つくば市(ポスター)
  • Aiba M, Tachikawa H, Watanabe T, Midorikawa H, Yoshida K, Arai T, Tamiya N: Relationship between support for the elderly and healthy life expectancy:From the national longitudinal survey第33回日本国際保健医療学会東日本地方会 2018年7月7日 茨城県つくば市(ポスター)
  • Kuroda N, Hamada S, Sakata N, Jeon B, Iijima K, Yoshie S, Ishizaki T, Tamiya N: Antipsychotics use among people with dementia aged 75 years or older in Japan: a new population-based estimation based on medical and long-term care data第33回日本国際保健医療学会東日本地方会 2018年7月7日 茨城県つくば市(ポスター)
  • 森本 健太、楠本 諭史、田宮 菜奈子:子どもへの健康教育を通じた医療・健康問題へのアプローチ 第33回日本国際保健医療学会東日本地方会 2018年7月7日 茨城県つくば市(ポスター)
  • Kim H, Tamiya N, Jeon B, Hashimoto H:Recent Reforms for the Coverage and Sustainability of the Public Long-term Care Insurances in Japan and South Korea, EuHEA2018(12th European Conference on Health Economics) 11-14July 2018  MECC Maastricht Netherlands
  • 佐藤 幹也、田宮 菜奈子、高橋 秀人、野口 晴子:在宅や施設で介護されている要介護者はどこで死亡するのか? 第9回日本プライマリ・ケア連合学会学術大 会, 2018.6.16~17(発表日6.17) 三重(口頭)
  • 浜田 将太、小島 太郎、佐方 信夫、田宮 菜奈子、大河内 二郎、秋下 雅弘.介護老人保健施設入所者の薬剤費の詳細分析:入所者特性との関連.第2回日本 老年薬学会学術大会.東京.2018年5月12日、13日
  • 浜田 将太、佐方 信夫、鈴木 敦子、吉川 智美、田宮 菜奈子:介護老人保健施設におけるポリファーマシー及び特に慎重な投与を要する薬物の処方実態調査.第2回日本老年薬学会学術大会.東京.2018年5月12日、13日
  • 山崎 雪恵, 田宮 菜奈子, 山本 秀樹, 谷口 香, 三浦 雅布, 宮石 智. 岡山県における5歳未満の不慮の事故死の特徴. 第34回日本法医学会学術中四国地方集会, 2017. 10, 6松山
  • 山崎 雪恵, 田宮 菜奈子, 山本 秀樹, 宮石 智. 岡山県における用水路での死亡事故の特徴. 第76回日本公衆衛生学会総会, 2017. 10, 31 鹿児島
  • 渡邉 多永子、田宮 菜奈子、川村 顕、高橋 秀人、野口 晴子: 都道府県別の「境界期健康寿命」および地域指標 との関連 第76回日本公衆衛生学会総会, 2017. 10,31~11.02(発表日10.31) 鹿児島(ポスター)
  • 植嶋 大晃、田宮 菜奈子、高橋 秀人、野口 晴子: 市区町村別の重度要介護高齢者の在宅日数および 関連する地域特性 第76回日本公衆衛生学会総会, 2017. 10,31~11.02(発表日11.01) 鹿児島(ポスター)
  • 塚崎 栄里子、植嶋 大晃、谷口 雄大、泉田 信行、田宮 菜奈子:全国市区町村別にみた老人ホーム死の割合と地域 特性に関する研究 第76回日本公衆衛生学会総会, 2017. 10,31~11.02(発表日11.01) 鹿児島(ポスター)
  • サンドバール フェリーぺ、 田宮 菜奈子、野口 晴子、川村 顕: Cost difference by using rehabilitation services in long-term care claim data 第76回日本公衆衛生学会総会, 2017. 10,31~11.02(発表日11.01) 鹿児島(ポスター)
  • 嶋藤 菜摘、伊藤 智子、田宮 菜奈子 : 健康寿命の定義及び介護予防政策に関するレビュー 第76回日本公衆衛生学会総会, 2017. 10,31~11.02(発表日11.01) 鹿児島(ポスター)
  • 高橋 秀人、植嶋 大晃、田宮 菜奈子、川村 顕、野口 晴子、松本 吉央 : 介護レセプトデータを用いた在宅期間の指標化- 打ち切りを考慮した検討- 第76回日本公衆衛生学会総会, 2017. 10,31~11.02(発表日11.01) 鹿児島(ポスター)
  • 松田 智行、田宮 菜奈子、中野 寛也、植嶋 大晃 : 地域課題の類型化にむけた PDCA サイクルを用 いた地域ケア会議の実施方法 第76回日
  • 本公衆衛生学会総会, 2017. 10,31~11.02(発表日11.01) 鹿児島(ポスター)
  • 泉田 信行 田宮 菜奈子 : 介護老人保健施設におけるターミナルケア加算算 定の関連要因について 第76回日本公衆衛生学会総会, 2017. 10,31~11.02(発表日10.31) 鹿児島(口演)
  • 伊藤 智子 田宮 菜奈子 高橋 秀人: 日本における主家族介護者による家族介護の機会 費用の推定 第76回日本公衆衛生学会総会, 2017. 10,31~11.02(発表日10.31) 鹿児島(口演)
  • 佐藤 幹也 田宮 菜奈子 高橋 秀人 野口 晴子: 介護保険レセプトを用いた介護の場所別死亡率の推計 第76回日本公衆衛生学会総会, 2017. 10,31~11.02(発表日11.01) 鹿児島(口演)
  • Morales M, Watanabe T, Abe T, Ito T, Sandoval F, Tamiya N : Predictors Of Length Of Stay At The Emergency Room In A Japanese Hospital, 日本臨床疫学会第1回年次学術大会, 2017.10.1(ポスター)
  • 谷口 雄大, 植嶋 大晃, 全 保永, 伊藤 智子, 田宮 菜奈子. 全国市区町村別にみた自宅死の割合と地域特性―厚生労働省「在宅医療にかかる地域別データ集」による分析, 日本臨床疫学会第1回年次学術大会, 2017.9.30(ポスター)
  • Ueshima H, Tamiya N :Factors associated with hours of informal caregiving: a literature review, The 5th International Conference on Global Aging Tsukuba (CGAT), 2017, Tsukuba, 2017.9.27(ポスター)
  • Monma T, Takeda F , Noguchi H , Takahashi H , Tamiya N :The duration difference of exercise or sports activities by presence of others among middle-aged adults in Japan,  The 5th International Conference on Global Aging Tsukuba (CGAT), 2017, Tsukuba, 2017.9.27(ポスター)
  • Moriyama Y, Watanabe T, Ito T, M Luptak, Tamiya N: Comparing the cost of home care services with unplanned institutional respite care and facility care services in view of the opportunity cost of caregivers, The 5th International Conference on Global Aging Tsukuba (CGAT), 2017, Tsukuba, 2017.9.27(ポスター)
  • Hanari K, Tamiya N: Systematic review of impact of advance care planning on cost and quality of life, The 5th International Conference on Global Aging Tsukuba (CGAT), 2017, Tsukuba, 2017.9.27(ポスター)
  • Jin X, Tamiya N,Jeon B, Moriyama Y, Ohkouchi J: Development of a satisfaction survey in Long term care health facilties in Japan based on the Ohio Department of Aging-Resident Satisfaction Survey, The 5th International Conference on Global Aging Tsukuba (CGAT), 2017, Tsukuba, 2017.9.27(ポスター)
  • Watanabe T, Tamiya N, Kawamura A, Takahashi H, Noguchi H: Boundary phase of healthy life expectancy by municipality and its related factors in Japan, The 5th International Conference on Global Aging Tsukuba (CGAT), 2017, Tsukuba, 2017.9.27(ポスター)
  • Shimafuji N, Ito T, Tamiya N : The Incidence of Care-Level Deterioration Compared to Preventive Service Use in a City, The 5th International Conference on Global Aging Tsukuba (CGAT), 2017, Tsukuba, 2017.9.27(ポスター)
  • Jeon B, Tamiya N, Takahashi H, Jin X, Noguchi H :  Sampling design of register-based long-term care insurance datasets, The 5th International Conference on Global Aging Tsukuba (CGAT), 2017, Tsukuba, 2017.9.27(ポスター)
  • Pei L, Watanabe T, Tamiya N: Factors related to reasons for not using LTCI services among the Japanese elderly, The 5th International Conference on Global Aging Tsukuba (CGAT), 2017, Tsukuba, 2017.9.27(ポスター)
  • Izumida N, Tamiya N, Ohkouchi J, Higashi K:The Bereaved Family’s Fluctuation of Decision-Making and Related Factors on Terminal Care in Facility Care Settings in Japan,   The 5th International Conference on Global Aging Tsukuba (CGAT), 2017, Tsukuba, 2017.9.27(ポスター)
  • Morales M, Watanabe T, Abe T, Tamiya N: Factors related to length of stay at the emergency room in a Japanese hospital: a stratified analysis by age  The 5th International Conference on Global Aging Tsukuba (CGAT), 2017, Tsukuba, 2017.9.27(ポスター)
  • Kawabe M, Tamiya N:  A review on inspection systems of institutional care settings among OECD countries, The 5th International Conference on Global Aging Tsukuba (CGAT), 2017, Tsukuba, 2017.9.27(ポスター)
  • Hamada S, Takahashi H, Sakata N, Joen B, Iijima K, Yoshie S, Ishizaki T, Tamiya N: Household income and medical and long-term care services use in older people in Japan: a cohort study using administrative data, The 5th International Conference on Global Aging Tsukuba (CGAT), 2017, Tsukuba, 2017.9.27(ポスター)
  • 翠川 晴彦、太刀川 弘和、新井 哲明、髙橋 秀人、田宮 菜奈子 国民生活基礎調査に基づいた高齢者の飲酒実態の把握 日本アルコールアディクション医学会  神奈川(パシフィコ横浜)2017.9.8~9(発表日: 9. 9)(口演)
  • Hanari K, Tamiya N, Hamano J, Kashiwagi M, Oishi A, Saito M, Kashiwagi E, Mayers T:Regional sense of security of cancer care as a factor associated with the preferred place of death: Results of a questionnaire survey of a general population in one region of Japan. Asia Pacific Hospice Conference 2017  Singapore 2017-07-26(ポスター)
  • Gallagher J, Tamiya N , Suzuki A, Ishikawa T, Sandoval F:老人保健施設入所時の事前意思表示における延命希望の要因 第22回日本緩和医療学会学術大会 パシフィコ横浜 2017.06.23~24
  • 光武 誠吾、石崎 達郎、田宮 菜奈子:入院でリハビリテーションを利用した高齢者における療養場所移行パターンの実態、第52回日本理学療法学術大会(理学 療法学Supplement 2016(0) p.1386、doi: 10.14900/cjpt.2016.1386)、東京、2017.5.12-14(ポスター)
  • Sato M, Tamiya N, Ito T, Tsutsumi M, Takahashi H, Noguchi H : A health system research: comparison of formal and informal time of long-term care for the frail elderly in Japanese community, The 8th Annual Conference of Japan Primary Care Association, 2017, Takamatsu, Japan, 2017.5.13-14 (Poster)
  • Tamiya N: Health Services Research : Analysis of care service based on big data, Japan-NZ Collaboration Workshop – Technologies for Elder Care, 2017, Sofitel Auckland, Auckland, NZ, 2017.3.2-3
  • Tamiya N: Health Services Research Based on Long-Term Care Insurance in Japan: Service Use and Quality of Care, Gerontological Societh of America (GSA) Annual Scientific Meeting, 2016, New Orleans Marriott and Sheraton New Orleans, New Orleans, Louisiana, 2016.11.16-20
  • Moriyama Y, Tamiya N, Luptak M: Enhancing Flexible Care in Japan to Support Family Caregivers at Home and Cost-Effectiveness, GSA Annual Scientific Meeting, 2016, New Orleans Marriott and Sheraton New Orleans, New Orleans, Louisiana, 2016.11.16-20
  • Sandoval F, Tamiya N, Noguchi H: Factors Associated to Self-Perceived Discrimination Among Community-Dwelling Older Adults in Chile, GSA Annual Scientific Meeting, 2016, New Orleans Marriott and Sheraton New Orleans, New Orleans, Louisiana, 2016.11.16-20
  • Abe T, Uchida M, Nagata I, Saitoh D, Tamiya N: Resuscitative Endovascular Balloon Occlusion of the Aorta versus Aortic Cross Clamping Among Patients With Critical Trauma, A Nationwide Cohort Study in Japan, AHA ReSS, 2016 (Best Abstract Award), New Orleans, Louisiana, 2016.11.12-16(発表日:11.12), (Oral)
  • Gallagher J, Tamiya N, Suzuki A, Ishikawa T:Family involvement in advance directives at a Long-Term Care Facility in Japan, 第75回日本公衆衛生学会総会, 2016, 大阪, 2016.10.26-28(発表日:10.26)(ポスター)
  • 門間 貴史、武田 文、野口 晴子、高橋 秀人、田宮 菜奈子:高齢者の活動制限に関連する要因―健康寿命の長い地域と短い地域の相違、第75回日本公衆衛生 学会総会、2016、大阪、2016.10.26-28(発表日:10.28)(ポスター)
  • 内田 雅俊、阿部 智一、田宮 菜奈子:介護施設から救急搬送された重症患者の終末期意思決定、第75回日本公衆衛生学会総会、2016、大阪、 2016.10.26-28(発表日:10.27)(ポスター)
  • Jeon B, Tamiya N, Isihzaki T, Jin X, Kawamura A: Acute hospital admissions among the long-term care facility residents, 第75回日本公衆衛生学会総会, 2016, 大阪, 2016.10.26-28(発表日:10.27)(ポスター)
  • Jin X, Tamiya N, Jeon B, Kawamura A, Sandoval F, Takahashi H, Noguchi H: Facility factors associated with care level deterioration in nursing homes, 第75回日本公衆衛生学会総会, 2016, 大阪, 2016.10.26-28(発表日:10.27)(ポスター)
  • 伊藤 智子、田宮 菜奈子、野口 晴子、高橋 秀人:脳血管障害による重度要介護者における在宅療養の特徴−国民生活基礎調査、第75回日本公衆衛生学会総 会、2016、大阪、2016.10.26-28(発表日:10.27)(ポスター)
  • 小竹 理奈、田宮 菜奈子、泉田 信行、大河内 二郎:老人保険施設における看取りの遺族満足度と施設の管理医属性および説明体制との関連、第75回日本公衆 衛生学会総会、2016、大阪、2016.10.26-28(発表日:10.27)(ポスター)
  • 松田 智行、田宮 菜奈子、伊藤 智子、植嶋 大晃、山岡 祐衣、成島 淨、渡辺 拓自:地域ケア会議におけるPDCAサイクル構築に向けた新たな記録様式の 活用、第75回日本公衆衛生学会総会、2016、大阪、2016.10.26-28(発表日:10.28)(ポスター)
  • 植嶋 大晃、伊藤 智子、川村 顕、松本 吉央、野口 晴子、森山 葉子、田宮 菜奈子:重度介護認定者の在宅期間の指標化に向けた全国介護レセプトデータに よる予備的検討、第75回日本公衆衛生学会総会、2016、大阪、2016.10.26-28(発表 日:10.28)(ポスター)
  • 高橋 秀人、植嶋 大晃、田宮 菜奈子、川村 顕、野口 晴子、松本 吉央:レセプトデータを用いた在宅期間の指標化-観察期間による打ち切りに関する検討 -、第75回日本公衆衛生学会総会、2016、大阪、2016.10.26-28(発表日:10.28)(ポスター)
  • 川村 顕、田宮 菜奈子、泉田 信行、高橋 秀人、野口 晴子:介護予防給付の介護費用における効果-全国レセプトを用いて、第75回日本公衆衛生学会総会、 2016、大阪、2016.10.26-28(発表日:10.28)(ポスター)
  • 泉田 信行、田宮 菜奈子、川村 顕、野口 晴子:病院死亡高齢者の入院期間の時系列推移の検討、第75回日本公衆衛生学会総会、2016、大阪、 2016.10.26-28(発表日:10.28)(ポスター)
  • 佐藤 幹也、田宮 菜奈子、堤 円香、伊藤 智子、野口 晴子:介護報酬レセプトを用いた在宅介護サービスによるフォーマルケア時間の推計、第75回日本公衆 衛生学会総会、2016、大阪、2016.10.26-28(発表日:10.28)(ポスター)
  • 阿部 計大、小林 廉毅、川村 顕、野口 晴子、高橋 秀人、田宮 菜奈子:全国介護給付費実態調査を用いた訪問診療を3ヶ月以上継続できる要因の研究、第 75回日本公衆衛生学会総会、2016、大阪、2016.10.26-28(発表日:10.27)(口説)
  • 宮脇 敦士、冨尾 淳、小林 廉毅、高橋 秀人、野口 晴子、田宮 菜奈子:家族介護者の冠動脈疾患発症リスク、第75回日本公衆衛生学会総会、2016大 阪、2016.10.26-28(発表日:10.28)(口説)
  • 田宮 菜奈子、高橋 秀人、野口 晴子、石崎 達郎、谷原 真一、杉山 雄大:地域包括ケア実現のためのヘルスサービスリサーチ:「戦略研究」の研究成果と社 会実装、第75回日本公衆衛生学会総会、2016、大阪、2016.10.26-28(発表日:10.27) (シンポジウム)
  • Mori T, Tamiya N, Jeon B, Jin X, Yoshie S, Isihzaki T: Estimated costs of hip fractures using claims data including both medical and long term care, The 4th International Conference on Global Aging Tsukuba (CGAT), 2016, Tsukuba, 2016.9.19(口説)
  • Ito T, Tamiya N, Noguchi H, Takahashi H, Ichikawa E, Matsumura A: Predictors for Long-term Care Cost among Cerebrovascular Disease Patients at Home, The 4th International Conference on Global Aging Tsukuba (CGAT), 2016, Tsukuba, 2016.9.19(口説)
  • Jeon B, Tamiya N, Jin X, Yoshie S, Isihzaki T: Does the “Discharge Conference” have impact on the length of stay in community among older adults?, Evidence from a suburban city in Japan, The 4th International Conference on Global Aging Tsukuba (CGAT), 2016, Tsukuba, 2016.9.19(口説)
  • Jeon B, Tamiya N, Jin X, Yoshie S, Isihzaki T: Does the “Discharge Conference” have impact on the length of stay in community among older adults?, Evidence from a suburban city in Japan, The 4th International Conference on Global Aging Tsukuba (CGAT), 2016, Tsukuba, 2016.9.19(口説)
  • Jin X, Tamiya N, Jeon B, Kawamura A, Takahashi H, Noguchi H: Resident- and Facility-level characteristics associated with care level deterioration in Long term care health facility for the elderly in Japan, The 4th International Conference on Global Aging Tsukuba (CGAT), 2016, Tsukuba, 2016.9.19(口説)
  • Ueshima H, Tamiya N, Takahashi H, Noguchi H: The Relationship Between Types of Daily Living Assistance for Elderly and Long Hours of Informal Care, The 4th International Conference on Global Aging Tsukuba (CGAT), 2016, Tsukuba, 2016.9.19(口説)
  • Monma T, Takeda F, Noguchi H, Takahashi H, Tamiya N,: Leisure activities effect on ADL of middle-aged adults in Japan, The 4th International Conference on Global Aging Tsukuba (CGAT), 2016, Tsukuba, 2016.9.19(口説)
  • Shimafuji N, Ito T, Yamaoka Y, Tamiya N: Factors related to usage of the preventive care services among the persons certified for support in Tsukuba-city, The 4th International Conference on Global Aging Tsukuba (CGAT), 2016, Tsukuba, 2016.9.19(口説)
  • Morales M, Ito T, Abe T, Tamiya N: Global Approach of Quality Indicators in the Emergency Room, The 4th International Conference on Global Aging Tsukuba (CGAT), 2016, Tsukuba, 2016.9.19(口説)
  • Gallagher J, Tamiya N: Access to Specialised Palliative Care Services in Japan: An Overview, The 4th International Conference on Global Aging Tsukuba (CGAT), 2016, Tsukuba, 2016.9.19(口説)
  • Aiba M, Nakamine S, Tachikawa H, Takahashi S, Tamiya N: Development of social capital index from national longitudinal survey, The 4th International Conference on Global Aging Tsukuba (CGAT), 2016, Tsukuba, 2016.9.19(口説)
  • Nakamine S, Aiba M, Tachikawa H, Takahashi S, Tamiya N: How social capital affects depressive state of middle-aged adults?, The 4th International Conference on Global Aging Tsukuba (CGAT), 2016, Tsukuba, 2016.9.19(口説)
  • Jeon B, Noguchi H, Kwon S, Ito T, Tamiya N: Disability, Poverty, and Role of the Basic Livelihood Security System on Health Services Utilization among the Elderly in South Korea, 医療経済学会第11回研究大会, 2016, 早稲田大学, 2016.9.3
    Fu R, Noguchi H, Kawamura A, Takahashi H, Tamiya N: Spillover Effect of Japanese Long-Term Care Insurance as an Employment Promotion Policy for Caregivers, 医療経済学会第11回研究大会, 2016, 早稲田大学, 2016.9.3
  • Sandoval F, Noguchi H, Kawamura A, Tamiya N: Use of rehabilitation care services and the reduction of long-term care spending using Japanese national long term care insurance claim dat, 医療経済学会第11回研究大会, 2016, 早稲田大学, 2016.9.3
  • 高橋 秀人、田宮 菜奈子:英国における”ゼロからの出発(ZBR)”によるソーシャルケア改善のアプローチ、第64回日本福祉学会、2016, 佛教大学, 2016.9.11(口説)
  • 阿部 計大、小林 廉毅、川村 顕、野口 晴子、高橋 秀人、田宮 菜奈子:全国介護給付費実態調査を用いた訪問診療と併用される介護サービスの記述研究、第 7回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会、2016, 浅草ビューホテル, 2016.6.11-12(発表日:6.12)(口説)
  • 山岡 祐衣、渡辺 章充、宮園 弥生、田中 竜太、田宮 菜奈子、須磨 崎亮:茨城県における超重症児・準超重症児の医療利用状況について、第119回日本小 児科学会学術集会、2016, ロイトン札幌, 2016.5.13-15
  • Abe T, Tamiya N, I. Ngata, Uchida M, Yamaoka Y: Out-of-hospital cardiac arrest (OHCA) in centenarians in Japan, Society of Critical Care Medicine’s 45rd Critical Care Congress, 2016, Orlando, Florida, 2016.2.20-24
  • 中里 佳央、佐久間 淳、川村 顕、田宮 菜奈子:介護レセプトデータに対する横断的特徴選択による介護サービスの評価、第18回情報論的学習理論ワーク ショップ、2015、つくば国際会議場、2015.11.25-28(ポスター)
  • Kashiwagi S, Sandoval F, Tamiya N: Caregivers situation and care burdens, Using LTOP Baseline Survey in Thailand, International Association of Gerontology and Geriatrics, 2015, Chiang Mai, Thailand, 2015.10.19-22
  • Izumida N, Tamiya N, Takamuku K, Ohkouchi J, Higashi K: Factors associated with satisfaction of bereaved family for end of life in institutional settings based on the survey data in geriatric health services facilities in Japan, International Association of Gerontology and Geriatrics, 2015, Chiang Mai, Thailand, 2015.10.19-22
  • 川村 顕、田宮 菜奈子、泉田 信行、植嶋 大晃、森山 葉子:全国介護レセプトデータを用いた介護保険施設における経管栄養者の経口移行の実態、第74回日 本公衆衛生学会学術総会、2015、長崎ブリックホール、2015.11.4-6(発表日:11.6)(口説)
  • 宮田 澄子、田宮 菜奈子、金 雪瑩、森山 葉子、柏木 聖代:湯灌とターミナルケアー施設における死後のケアの意味、第74回日本公衆衛生学会学術総会、 2015、長崎ブリックホール、2015.11.4-6(発表日:11.6)(口説)
  • 森山 葉子、田宮 菜奈子、川村 顕、山岡 祐衣、野口 晴子:在宅高齢者の短期入所(ショートステイ)利用有無と特別養護老人ホーム入所との関連、第74回 日本公衆衛生学会総会、2015、長崎ブリックホール、2015.11.4-6(発表日:11.4)(口説)
  • 山岡 祐衣、田宮 菜奈子、森山 葉子、野口 晴子:障害を持つ子どもを育てるということ―母親の精神的健康と就労機会との関連、第74回日本公衆衛生学会総 会、2015、長崎ブリックホール、2015.11.4-6(発表日:11.4)(口説)
  • 佐藤 幹也、田宮 菜奈子、森山 葉子、野口 晴子:症状・悩み・受療疾患とこころの不調のリスク、第74回日本公衆衛生学会総会、2015、長崎ブリック ホール、2015.11.4-6(発表日:11.4)(口説)
  • 渡邊 多永子、田宮 菜奈子、山岡 祐衣、森山 葉子、野口 晴子、中村 文明、豊川 智之、小林 廉毅:家族介護が女性の就労に与える影響、第74回日本公衆衛生学会総会、2015、長崎ブリックホール、 2015.11.4-6(発表日:11.5)(口説)
  • 泉田 信行、田宮 菜奈子、森山 葉子、野口 晴子:全国介護保険レセプトを用いた介護老人福祉施設における看取りの現状の検討、第74回日本公衆衛生学会総 会、2015、長崎ブリックホール、2015.11.4-6(発表日:11.6)(口説)
  • Sandoval F, Tamiya N, Noguchi H: Depression among Older Caregivers Living in Households Affected by HIV in a Rural District of South Africa, 第30回日本国際保健医療学会学術大会, 2015、金沢大学、2015.11.21-22
  • Sandoval F, Tamiya N, Noguchi H: The Relationship of Care and Depressive Symptoms on Older People in South Africa, 第3回CGAT国際会議, 2015, つくば国際会議場, 2015.9.30(口説)
  • Sandoval F, Tamiya N, Noguchi H: The Elderly and Child Care, The Relation between Informal Care Provision and Major Depressive Disorder among Rural Elderly People in South Africa, 第5回日独国際会議, 2015, 国際会議, 2015.10.24
  • Izumida N, Tamiya N, Takamuku K, Ohkouchi J, Higashi K: Factors associated with satisfaction of bereaved family for end of life in institutional settings based on the survey data in geriatric health services facilities in Japan, International Association of Gerontology and Geriatrics, 2015, Chiang Mai, Thailand, 2015.10.19-22(説)
  • Kashiwagi S, Sandoval F, Tamiya N: Caregivers situation and care burdens: Using LTOP Baseline Survey in Thailand, International Association of Gerontology and Geriatrics, 2015, Chiang Mai, Thailand, 2015.10.19-22(口説)
  • Ozawa S, Takeda F, Monma T, Abe M, Furutani N, Tamiya N: Age differences in psychosocial factors of work engagement among company employees, The 3rd International Conference on Global Aging, 2015, Ibaraki, Japan, 2015.9.30(口説)
  • Yamaoka Y, Tamiya N, Noguchi H: Mental health of caregivers with disabled children and related characteristics: based on the nation-wide survey, 第25回日本疫学会学術総会, 2015, ウインクあいち, 2015.1.21-23
  • 森山 葉子、田宮 菜奈子、高橋 秀人:在宅介護者の介護継続に必要とされる緊急ショートステイ-緊急ショートステイ利用による施設入所回避の経済効果-、日 本社会福祉学会 第62回秋季大会、2014、早稲田大学、2014.11.29-30
  • 田宮 菜奈子、高橋 秀人、麻生 英樹、柏木 聖代、佐藤 幹也、泉田 信行、森山 葉子、松本 吉央、野口 晴子:介護老人福祉施設における軽度要介護者の 入所中止政策に向けてー性別にみた実態把握、第73回日本公衆衛生学会総会、2014、栃木県総合文化セン ター、2014.11.5-7
  • 山岡 祐衣、藤原 武男、田宮 菜奈子:母親の産後うつと4ヵ月時までにおける乳児の事故との関連、第73回日本公衆衛生学会総会、2014、栃木県総合文化 センター、2014.11.5-7
  • 小林 洋子、田宮 菜奈子、大杉 豊:聴覚障害の障害発生年齢による健康状態及びサービスへのアクセス違い~全国調査から~、第73回日本公衆衛生学会総会、 2014、栃木県総合文化センター、2014.11.5-7
  • 阿部 智一、森山 葉子、田宮 菜奈子:高齢者の慢性腰痛における代替医療の現状、第73回日本公衆衛生学会総会、2014、栃木県総合文化センター、 2014.11.5-7
  • 永田 功、阿部 智一、中田 善規、田宮 菜奈子:神奈川県川崎市における重症以上救急搬送患者の30分以上の現場滞在時間と関連する因子の検討、第73回日 本公衆衛生学会総会、2014、栃木県総合文化センター、2014.11.5-7
  • 泉田 信行、田宮 菜奈子、野口 晴子:震災前後における東北地方の居宅介護サービス利用者の要介護度重度化等の実態、第73回日本公衆衛生学会総会、 2014、栃木県総合文化センター、2014.11.5-7
  •  高橋 秀人、田宮 菜奈子、麻生 英樹、森山 葉子、泉田 信行、野口 晴子、柏木 聖代、佐藤 幹也、松本 吉央、馬 恩博:わが国の一人あたり介護サービ ス利用点数-全国「介護給付費調査」の個票データより-、第73回日本公衆衛生学会総会、2014、栃木県総合 文化センター、2014.11.5-7
  • 佐藤 幹也、田宮 菜奈子、麻生 英樹、柏木 聖代、泉田 信行、森山 葉子、高橋 秀人、松本 吉央、野口 晴子:通所介護の介護報酬に係る政策と在宅介護 サービス利用状況との関連について、第73回日本公衆衛生学会総会、2014、栃木県総合文化センター、 2014.11.5-7
  • 柏木 聖代、田宮 菜奈子、野口 晴子:支給限度額の範囲内での訪問看護の利用実態 全国介護レセプトによる分析から、第73回日本公衆衛生学会総会、2014、栃木県総合文化センター、2014.11.5-7
  • 杉山 雄大、田宮 菜奈子、涌井 智子、柴山 大賀、森山 葉子、山岡 祐衣、野口 晴子:被介護者の要介護度と同居主介護者の健診受診率との関連、第73回 日本公衆衛生学会総会、2014、栃木県総合文化センター、2014.11.5-7
  • 柏木 志保、Sandoval F、田宮 菜奈子:高齢者介護に携わる介護者の抑うつとその関連要因―インドネシアの全国的な調査から―、第55回日本熱帯医学会大会・第29回日本国際保 健医療学会学術大会、2014、東京女子医科大学、2014.11.1-3
  • Sandoval F, Tamiya N, Lloyd-Sherlock P: The relation of depression with health behaviors and social conditions of dependent community-dwelling older persons in the Republic of Chile, from a nationwide survey, 第55回日本熱帯医学会大会・第29回日本国際保健医療学会学術大会合同大会, 2014, 東京女子医科大学, 2014.11.1-3
  • 阿部 智一、田宮 菜奈子、北原 多佳子、長谷川 圭紀、徳田 安春:超高齢救急患者のポリファーマシー、第42回日本救急医学会総会・学術集会、2014、 福岡国際会議場、2014.10.28-30
  • Sandoval F, Tamiya N, Lloyd-Sherlock P: The relation between burden of care and health-related quality of life of caregivers of community dwelling elderly people in Chile, The 2nd International Conference on Global Aging Tsukuba (CGAT), 2014, つくば国際会議場, 2014.9.29
  • Kashiwagi S, Tamiya N: Factors Associated with Self-Rated Health for Older People in the Philippine, The 2nd International Conference on Global Aging Tsukuba(CGAT), 2014, つくば国際会議場, 2014.9.29
  • 山岡 祐衣、田宮 菜奈子、藤原 武男、山崎  雪恵、谷口 香、宮石 智:継続的にネグレクトの経過が認められた死亡事例5例の法医公衆衛生的考察、第6回 日本子ども虐待医学研究会学術集会、2014、エル・おおさか、2014.7.12-13
  • Tamiya N, Kashiwagi M, Takahashi H, Noguchi H: Descriptive analysis of service use covered by long-term care insurance in Japan –based on population-based claims data, Health Services Research: Evidence-based practice, 2014, London, UK, 2014.7.1-3
  • Abe T, Tamiya N, Kitahara T, Hasegawa Y, Tokuda Y: Polypharmacy as a risk factor for hospital admission among elderly using emergency transport, Health Services Research: Evidence-based practice, 2014, London, UK, 2014.7.1-3
  • 田宮 菜奈子:介護保険レセプトを用いたヘルスサービスリサーチ、第12回日本予防医学会学術総会(特別企画)、2014、日本科学未来館、 2014.6.28-29
  • 田宮 菜奈子:グローバル・エイジング―ヘルスサービスリサーチの視点から―、日本人口学会第66回大会 企画セッション「カイロ会議から20年」、2014、明治大学、2014.6.13-15
  • Nagata I, Abe T, Nakata Y, Tamiya N: The factors related to prolonged on-scene times for emergency medical services (EMS) to transfer critical patients in an urban city, the 15th International Conference on Emergency Medicine, 2014, Hong Kong,214.6.11-14
  • Moriyama Y, Tamiya N, Kamimura A, Luptak M: Doctor’s opinion papers in long-term care need certification in Japan, Differences between clinics and advanced treatment hospital settings, The University of Utah Center on Aging 8th Annual Research Retreat, 2014, Salt Lake City, UT, 2014.3.24-25
  • Sandoval F, Tamiya N, Kashiwagi M, Miyata S, Okochi J, Takamuku K, Lloyd-Sherlock P: Adverse events and Physical Decline at Geriatric Health Services Facilities in Japan: A multilevel analysis, The University of Utah Center on Aging 8th Annual Research Retreat, 2014, Salt Lake City, UT, 2014.3.24-25
  • Moriyama Y, Tamiya N, Kawach N: Factors related to the subjective well-being by gender in middle age people – Tsukuba aging survey, The 1st International Conference on Global Aging Tsukuba(CGAT), 2014, 筑波大学, 2014, 2014.1.24
  • Sandoval F, Tamiya N, Lloyd-Sherlock P: The relation between perceived social support on depression of carers of community-dwelling elderly people from a nationwide survey in the Republic of Chile, The 1st International Conference on Global Aging Tsukuba(CGAT), 2014, 筑波大学, 2014.1.24
  • Miyashita Y, Tamiya N: Population aging and care burden of the family in Asia, The 1st International Conference on Global Aging Tsukuba(CGAT), 2014, 筑波大学, 2014, 2014.1.24
  • Riabroi W, Tamiya N, Wagatsuma Y: The utilization of healthcare services among rural elderly in North Thailand, The 1st International Conference on Global Aging Tsukuba(CGAT), 2014, 筑波大学, 2014, 2014.1.24
  • Manabe T, Higera A, Vazquez M, Martinez E, Ramos L, Izumi S, Takasaki J, Tamiya N, Kudo K: Age- and Socioeconomic-related Risk Factors for Hospitalized Pneumonia due to Influenza A(H1N1)pdm09 in Mexico, The 1st International Conference on Global Aging Tsukuba(CGAT), 2014, 筑波大学, 2014, 2014.1.24
  • 田宮 菜奈子:本の高齢化と幸福 日本の公的介護保険政策からの教訓 そして沖縄では?、第28回日本国際保健医療学会 市民公開講座「沖縄から世界の健康長寿社会を考える」、2013、名桜大学、2013.11.2-4
  • 伊藤 智子、田宮 菜奈子、柏木 聖代:要介護高齢者における死亡前1年間の生活場所と要介護度の変化、第72回日本公衆衛生学会総会、2013、三重県総合 文化センター、2013.10.23-25
  • 森山 葉子、田宮 菜奈子:介護支援専門員の負担感および就業意向に関わる特徴-つくば市調査から、第72回日本公衆衛生学会総会、2013、三重県総合文化 センター、2013.10.23-25
  • サンドバールフェリーペ、田宮 菜奈子:老人保健施設入所者における有害事象と機能低下の関係‐全国86施設の縦断調査から、第72回日本公衆衛生学会総会、 2013、三重県総合文化センター、2013.10.23-25
  • 河内 宣之、田宮 菜奈子、堤 春菜、松田 智行、森山 葉子:中高年者における男女別にみた主観的幸福度に関連する要因-つくば市調査から、第72回日本公 衆衛生学会総会、2013、三重県総合文化センター、2013.10.23-25
  • 山崎 雪恵、宮石 智、山本 秀樹、田宮 菜奈子、宮石 智:岡山県内における5歳未満の不慮の事故死の実態 人口動態統計と法医学情報の解析、第72回日本公衆衛生学会総会、2013、三重県総合文化センター、 2013.10.23-25
  • Sandoval F, Tamiya N, Lloyd-Sherlock P: The relation between perceived socialsupport on depression of carers of community-dwelling elderly people from a nationwide survey in the Republic of Chile, 第28回日本国際保健医療学会, 2013、名桜大学、2013.11.2-4
  • 泉田 信行、田宮 菜奈子:「医療・介護レセプトの連結データによる健康寿命の算出」、日本人口学会第65回大会、2013、札幌市立大学芸術の森キャンパ ス、2013.6.1-2
  • 山崎 雪恵、田宮 菜奈子、宮石 智:岡山県における未成年の不慮の事故死亡例についての統計的考察、第97次日本法医学会全国学術集会、2013、ロイトン 札幌、2013.6.26-28
  • Olivares-Tirado P, Tamiya N, Kashiwagi M: Institutional Long-term Care Expenditures & Proximity to Death in Japan, Third International Conference on Health, Wellness and Society, 2013, Sao Paulo, Brazil, 2013.3.15-16
  • 香田 泰子、武田 文、門間 貴史、茨木 尚子、田宮 菜奈子、千綿 かおる、水上 勝義、朴峠 周子:身体障害者施設職員のメンタルヘルスと日常業務-(第 一報)日常業務およびストレスの状況-、第77回日本民族衛生学会総会、2012、東京大学、 2012.11.16-17
  • 朴峠 周子、武田 文、門間 貴史、茨木 尚子、田宮 菜奈子、千綿かおる、水上勝義、香田泰子:身体障害者施設職員のメンタルヘルスと日常業務-(第二報) 抑うつと日常業務ストレッサーとの関連-、第77回日本民族衛生学会総会、2012、東京大学、 2012.11.16-17
  • 門間 貴史、武田 文、田宮 菜奈子、茨木 尚子、千綿 かおる、水上 勝義、朴峠 周子、香田 泰子:身体障害者施設職員のメンタルヘルスと日常業務-(第 三報)仕事満足感と日常業務ストレッサーとの関連-、第77回日本民族衛生学会総会、2012、東京大学、 2012.11.16-17
  • Abu M, Tamiya N, Yamamoto H: Emerging Population Ageing Challenges in Africa: a Case of Ethiopia, 第27回日本国際保健医療学会学術大会, 2012, 岡山大学, 2012.11.3-4
  • Miyashita Y, Tamiya N: Overview on population aging and socio-demographic characteristics in Asia, 第27回日本国際保健医療学会学術大会, 2012, 岡山大学, 2012.11.3-4
  • Sandoval F, Tamiya N, Olivares-Tirado P: Overview on population aging and socio-demographic characteristics in Latin America, 第27回日本国際保健医療学会学術大会, 2012, 岡山大学, 2012.11.3-4
  • Kuramoto N, Tamiya N: Literature Review, Caregiving for the Demantia Elderly among Ethnig Groups in the U.S., 第27回日本国際保健医療学会学術大会, 2012, 岡山大学, 2012.11.3-4
  • 柏木 聖代、田宮 菜奈子、高橋 秀人、菊池 潤、佐藤 幹也、伊藤 智子、野口 晴子:居宅介護支援事業所の開設法人とケアプランのサービス種類数・総単位 数との関連、第71回日本公衆衛生学会総会、2012、山口市民会館、2012.10.24-26(発表 日:10.26)
  • 森山 葉子、中野 寛也、田宮 菜奈子:要介護認定における主治医意見書の実態-2)診療所医と特定機能病院医の比較、第71回日本公衆衛生学会総会、 2012、山口市民会館、2012.10.24-26(発表日:10.26)
  • 宮下 裕美子、中野 寛也、森山 葉子、田宮 菜奈子:要介護認定における主治医意見書の実態-1)主治医の医療機関区分別の患者属性、第71回日本公衆衛生 学会総会、2012、山口市民会館、2012.10.24-26(発表日:10.26)
  • 松田 智行、田宮 菜奈子、柏木 聖代、堤 春菜:要支援・軽中等度要介護者における介護保険サービス未利用との関連要因、第71回日本公衆衛生学会総会、 2012、山口市民会館、2012.10.24-26(発表日:10.26)
  • 山岡 祐衣、田宮 菜奈子:若年妊娠及び出産後の社会的・経済的問題に関する研究の考察、第71回日本公衆衛生学会総会、2012、山口市民会館、 2012.10.24-26(発表日:10.25)
  • 小林 洋子、田宮 菜奈子、柏木 聖代:聴覚障害者の健康特性に関する文献の検討、第71回日本公衆衛生学会総会、2012、山口市民会館、 2012.10.24-26(発表日:10.24)
  • 堤 春菜、田宮 菜奈子、柏木 聖代、松田 智行、伊藤 智子:在宅介護継続意思のある介護者における緊急ショートステイ利用ニーズの実態と関連要因. 第71回日本公衆衛生学会総会, 2012、山口市民会館、2012.10.24-26(発表日:10.26)
  • 中野 寛也、田宮 菜奈子、松井 邦彦、室生 勝、成島 淨、日比野 敏子:地域の一医療福祉事例検討会に挙げられた問題点の累計化と評価-8年間の記録か ら、第71回日本公衆衛生学会総会、2012、山口市民会館、2012.10.24-26(発表 日:10.26)
  • サンドバール・フェリーペ、田宮 菜奈子、柏木 聖代、宮田 澄子:Factors related to Quality Indicators at Health Care Facilities for the Elderly、第71回日本公衆衛生学会総会、2012、山口市民会館、2012.10.24-26(発表日:10.26)
  • 桑名 温子、田宮 菜奈子、柏木 聖代、堤 春菜:娘による母親の介護と嫁による姑の介護の比較、第71回日本公衆衛生学会総会、2012、山口市民会館、 2012.10.24-26
  • 泉田 信行、野口 晴子、菊池 潤、田宮 菜奈子:日本における健康余命の実態と中高齢者の就労に対する影響に関する分析、日本人口学会第64回大会、 2012、東京大学駒場キャンパス、2012.6.1-3(発表日:6.3)
  • 田宮 菜奈子:震災と法医学 高齢者の徘徊と事故 高齢者の自過失 討議 第4回法医公衆衛生学研究会自由集会、第70回日本公衆衛生学会総会「公衆衛生学と法医学との協働に対するさらなる必要性の認識―3.11を経て―」、2011、秋田県民 会館、2011.10.19-21
  • サンドバール・フェリーペ、田宮 菜奈子、宮田 澄子、オリヴァレス・ペドロ、堤 春菜、大河内 二郎、高椋 清:老人保健施設におけるアウトカム指標の分析 全国108施設における調査から、第70回日本公衆衛生学会総会、2011、秋田県民会館、 2011.10.19-21(発表日:10.19)
  • 加藤 剛平、田宮 菜奈子、柏木 聖代、柏木 公一、高橋 秀人:地域在住中~重度要介護度変化に関連する居宅サービスの利用 某市全レセプトデータから、第70回日本公衆衛生学会総会、2011、秋田県民会館、 2011.10.19-21(発表日:10.21)
  • 松田 智行、田宮 菜奈子、柏木 聖代、加藤 剛平、野口 晴子:介護保険制度導入前後におけるサービス利用の推移―IADL自立者に着目して、第70回日本 公衆衛生学会総会、2011、秋田県民会館、2011.10.19-21(発表日:10.21)
  • 宮田 澄子、田宮 菜奈子、柏木 聖代:老人保健施設における転倒の評価方法の文献学的考察施設内転倒記録の利活用、第70回日本公衆衛生学会総会、 2011、秋田県民会館、2011.10.19-21(発表日:10.21)
  • 柏木 聖代、田宮 菜奈子、村田 昌子:訪問看護ステーションにおける在宅看取り率の関連要因 茨城県の調査から、第70回日本公衆衛生学会総会、2011、秋田県民会館、2011.10.19-21(発表日:10.21)
  • 丸井 明美、田宮 菜奈子、柏木 聖代:高齢者施設居住者における日常生活上の遠見視力と近見視力とQOLとの関連、第70回日本公衆衛生学会総会、 2011、秋田県民会館、2011.10.19-21(発表日:10.21)
  • 高橋 秀人、加藤 剛平、田宮 菜奈子:多変量イベントCox回帰分析の適用に関する考察 サンプルデータを用いた事前検討、第70回日本公衆衛生学会総会、 2011、秋田県民会館、2011.10.19-21(発表日:10.21)
  • Kobayashi M, Tamiya N, Ito T, Sandoval F, Kashiwagi M: Predictors of family caregivers’ good feelings about elderly care at home in Japan, 5th Carers international conference, 2010, Leeds (United Kingdom), 2010.7.8-11
  • Matsuzawa A, Tamiya N: The impact of changes of the new Service and support for persons with Disabilities Act on caregiver burden by mothers with disabled children in Japan, 5th Carers international conference, 2010, Leeds (United Kingdom), 2010.7.8-11
  • 相崎 扶友美、田宮 菜奈子、柏木 聖代、金子 道夫:早期乳幼児期の麻疹ワクチン接種率関連要因 埼玉県の分析から・中間報告、第113回日本小児科学会学術集会、2010、盛岡市民文化ホール、 2010.04.23-25
  • 伊藤 智子、田宮 菜奈子、山崎 健太郎、宮石 智:岡山県、山形県、東京都区部における異状死発生率と検案率―「孤独死」対策における法医学データの意義 ―、第94次日本法医学会学術全国集会、2010、タワーホール船堀、2010.6.23-25
  • 柏木 聖代、田宮 菜奈子、伊藤 智子:脳卒中により要支援・介護状態になった居宅高齢者および介護者の特徴、第69回日本公衆衛生学会総会、2010
  • 加藤 剛平、田宮 菜奈子、柏木 聖代、柏木 公一:要介護認定から3年後の居宅高齢者の介護度変化に関連する居宅サービスの利用、第69回日本公衆衛生学会 総会、2010、東京国際フォーラム、2010.10.27-29
  • 松澤 明美、田宮 菜奈子、脇野 幸太郎:裁判例からみたわが国における福祉・介護サービスの質のアウトカム評価―サービスの質の向上に向けた疫学的分析から ―、第69回日本公衆衛生学会総会、2010、東京国際フォーラム、2010.10.27-29
  • 久保谷 美代子、柏木 聖代、田宮 菜奈子:訪問看護ステーションにおける看護職員に対する現任研修の実施状況と関連要因、第69回日本公衆衛生学会総会、 2010、東京国際フォーラム、2010.10.27-29
  • 宮田 澄子、田宮 菜奈子、伊藤 智子、柏木 聖代:介護老人保健施設における転倒実態と要因―身体拘束ゼロの施設・5年間の転倒報告書から―、第69回日本 公衆衛生学会総会、2010、東京国際フォーラム、2010.10.27-29
  • Olivares-Tirado P, Tamiya N, Kashiwagi M, Kashiwagi K, Sandoval F, Okubo I: Effect of the Long-term Care Insurance law amendment on consumption pattern in current users of the lowest need of care in long-term care system in Japan, 第69回日本公衆衛生学会総会, 2010、東京国際フォーラム、2010.10.27-29
  • 伊藤 智子、田宮 菜奈子、柏木 聖代:居宅介護者の施設入所希望に関連する要因―つくば市による質問紙調査の結果から―、第69回日本公衆衛生学会総会、 2010、東京国際フォーラム、2010.10.27-29
  • 松田 智行、田宮 菜奈子、柏木 聖代、加藤 剛平、水上 昌文:回復期リハビリテーション病院退院1ヵ月後の健康関連QOLの変化に関連する要因の検討、第 69回日本公衆衛生学会総会、2010、東京国際フォーラム、2010.10.27-29
  • 谷口 起代、田宮 菜奈子、柏木 聖代、宮石 智:家族内殺人の実態把握に向けた法医学データの疫学的分析―日本とドイツの比較から、第69回日本公衆衛生学 会総会、2010、東京国際フォーラム、2010.10.27-29
  • 大山 裕美子、田宮 菜奈子、柏木 聖代、佐藤 幹也、大脇 和浩、矢野 栄二:居宅サービス利用者の在宅継続に関連する要因―介護保険給付レセプトを用いた 分析から―、第69回日本公衆衛生学会総会、2010、東京国際フォーラム、2010.10.27-29
  • 小林 美貴、田宮 菜奈子、伊藤 智子、柏木 聖代:在宅要支援・要介護高齢者の家族介護者における介護肯定感および介護負担感の関連要因、第69回日本公衆 衛生学会総会、2010、東京国際フォーラム、2010.10.27-29
  • Ito T, Tamiya N, Yamazaki K, Takahashi H, Matsuzawa A, Yamamoto H, Motozawa M, Miyaishi S: The social affecting factors to the postmortem interval, a study on the situations around death analyzed by Cox’s proportional hazard regression using the record of unexpected deaths for six years in Yamagata, Japan, The 88th Jahrestagung der Deutschen Gesellschaft für Rechtsmedizin, 2009, Basel, Switzerland, 2009.9.22-26
  • Olivares-Tirado P, Tamiya N, Yamamoto H: Kaigo Hoken – a comprehensive policy option for a long-term care system in Chile, The 24th Conference of the Japan Association for international Health, 2009, Sendai, 2009.8.5-6
  • 松澤 明美、田宮 菜奈子、柏木 聖代、竹谷 俊樹:在宅障害児(者)の母親の視点から見た障害者自立支援法下におけるサービスの利用の評価、第68回日本公 衆衛生学会総会、2009、奈良県文化会館、2009.10.21-23
  • 加藤 剛平、田宮 菜奈子、柏木 聖代、赤坂 清和:居住環境評価尺度 (HACE) 日本語版の妥当性と信頼性(第2報)、第68回日本公衆衛生学会総会、2009、奈良県文化会館、2009.10.21-23
  • 丸井 明美、田宮 菜奈子、柏木 聖代:高齢者施設居住者における視力改善可能度の関連要因-矯正視力と日常生活視力との差に着目して、第68回日本公衆衛生 学会総会、2009、奈良県文化会館、2009.10.21-23
  • 相崎扶 友美、田宮 菜奈子、柏木 聖代、田中 政宏、金子 道夫:早期乳幼児期の麻疹ワクチン接種率に関連する要因-埼玉県70市町村の分析から、第68回 日本公衆衛生学会総会、2009、奈良県文化会館、2009.10.21-23
  • ペドロオリバレス、田宮 菜奈子、谷口 起代:家族介護の現金給付は、発展途上国の社会的選択となるか-文献とチリ国の例から、第68回日本公衆衛生学会総 会、2009、奈良県文化会館、2009.10.21-23
  • 相馬 優樹、田宮 菜奈子、柏木 聖代:運動器の機能向プログラムの評価および効果に影響する関連要因の検討. 第68回日本公衆衛生学会総会、2009、奈良県文化会館、2009.10.21-23
  • 宮田 澄子、田宮 菜奈子、伊藤 智子、柏木 聖代:湯灌(死後の入浴)の意義-老人保健施設での取組みから-、第68回日本公衆衛生学会総会、2009、奈 良県文化会館、2009.10.21-23
  • 伊藤 智子、田宮 菜奈子、松澤 明美、宮石 智、山崎 健太郎:孤独死対策に向けた異常死の社会的要因および死亡・発見による類型化の試み、第68回日本公 衆衛生学会総会、2009、奈良県文化会館、2009.10.21-23
  • 柏木 聖代、田宮 菜奈子、大山 裕美子、小林 美貴、佐藤 幹也、高橋 秀人:介護レセプトデータに基づく終末期要介護高齢者のサービス利用・居所変化の実 態、第68回日本公衆衛生学会総会、2009、奈良県文化会館、2009.10.21-23
  • 内田 佳恵、緒方 剛、大本 俊子、小坂 由紀子、田宮 菜奈子:神経難病患者の在宅サービス利用状況等の実態調査、第31回全国地域保健師学術研究会、 2009、徳島県郷土文化会館、2009.12.17-18
  • 小坂 由紀子、緒方 剛、内田 佳恵、大本 俊子、田宮 菜奈子:介護保険施設等における難病患者の受け入れに関する実態調査、第31回全国地域保健師学術研 究会、2009、徳島県郷土文化会館、2009.12.17-18
  • 越 翔、宮石 智、岡下 真弓、三浦 雅布、森川 俊雄、井澗 美希、吉留 敬、山本 雄二、 Pueschel K、田宮 菜奈子:家族内殺人事例の独日比較検討、第25会日本法医学会中四国地方会、2008、鳥取大、2008.10.18
  • Miyaishi S, Tamiya N, Komagoe S, Puschel K: Analysezu intrafamiliaeren Toetungen -Ansaetze fuer praeventive Massnahen87, 87.Jahrestagung der deutschen Gesellschaft fuer Rechtsmedizin, 2008, Dresden, 2008.9.24-27
  • 山本 秀樹、田宮 菜奈子、河原 研二:高校留学に関する健康問題(1)-オセアニア諸国への留学に必要なビザ取得について、第12回日本渡航医学会学術集 会、2008、岡山、2008.7.18-19
  • 加藤 剛平、田宮 菜奈子、柏木 聖代、林原 好美、佐藤 幹也、高橋 秀人:1183 在宅介護保険サービス利用者の介護度変化に関連する要因の検証、第43回日本理学療法学術大会、2008、福岡、2008.5.15-17(ポスター)
  • Matsuzawa A, Tamiya N, Hashimoto H, Sato M, Yano E: Differences in perceived burden of care by caregivers’ gender and relationship to the frail elderly, The ⅩⅤ International Congress of The international Society of Psychosomatics Obstetrics and Gynecology (ISPOG), 2007, Kyoto, Japan, 2007.5.13-17
  • 奥野 光香子、田宮 菜奈子、有賀 悦子:がん診療医と緩和ケアにおける最期までの継続的連携に関連する要因、第66回日本公衆衛生学会総会、2007、愛 媛、2007.10.24-26
  • 田宮 菜奈子、竹迫 弥生、柏木 聖代、高橋 秀人:介護老人福祉施設のおむつ使用状況と関連要因-「介護サービス施設・事業所調査」から、第66回日本公衆 衛生学会総会、2007、愛媛、2007.10.24-26
  • 柏木 聖代、田宮 菜奈子、竹迫 弥生、高橋 秀人:介護老人福祉施設の職員配置状況と関連要因-介護サービス施設・事業所調査から:第66回日本公衆衛生学 会総会、2007、愛媛、2007.10.24-26
  • 竹迫 弥生、田宮 菜奈子、柏木 聖代、高橋 秀人:「介護サービス施設・事業所調査」による介護老人福祉施設内死亡者の特性の検討、第66回日本公衆衛生学 会総会、2007、愛媛、2007.10.24-26
  • 林原 好美、田宮 菜奈子、柏木 聖代、高橋 秀人、佐藤 幹也:居住費・食費の自己負担発生による介護保険施設退所者の移行先―レセプトデータから、第66 回日本公衆衛生学会総会、2007、愛媛、2007.10.24-26
  • 加藤 剛平、田宮 菜奈子、高橋 秀人、佐藤 幹也:11か月の介護度変化に関連する要因―某市全レセプトデータからの分析、第66回日本公衆衛生学会総会、 2007、愛媛、2007.10.24-26
  • 松澤 明美、田宮 菜奈子、宮石 智、山本 秀樹、本澤 巳代子、山崎 健太郎:法医剖検例からみた高齢者死亡の背景要因-孤独死対策のために、第66回日本 公衆衛生学会総会、2007、愛媛、2007.10.24-26
  • Matsuzawa A, Tamiya N, Miyaishi S, Yamamoto H, Motozawa M: Family caregiving probrems elucidated through autopsy cases: intrafamilial homicide and abouse of the elderly in Japan, 86. Jahrestagung der Deutchen Gesellschaft fur Rechtsmedizin, 2007, Mainz, Germany, 2007.9.26-29
  • Tamiya N, Kashiwagi M: Factors affecting the subjective burden of the family caregiver of users of Visiting Nursing Service in Japan, the 14th EUPHA (The European Public Health Association) conference, 2006, Montreux, Switzerland. 2006.11.16-18
  • Matsuzawa A, Tamiya N, Chinone A, Kurokawa T, Takeya T: The impact of recent policy changes on caregiving burden and service use by mothers of severely disabled children in Japan, The International Council Women’s Health Issues Congress2006 (ICOWHI) 2006, Sydney, Australia, 2006.11.
  • 松澤 明美、田宮 菜奈子、宮石 智、山本 秀樹:6年間の法医剖検例からみた高齢者の殺人・虐待―家族背景を中心に、第65回日本公衆衛生学会、2006
  • 田宮 菜奈子、柏木 聖代、若松 幸子、大森 葉子、久保谷 美代子、白岩 秀子、関 律子、中川 洋子:訪問看護利用者における家族介護者の介護負担感~茨 城県訪問看護実態調査から-2、第65回日本公衆衛生学会、2006、富山、2006.10.25-27
  • 奥野 光香子、田宮 菜奈子、柏木 聖代、大森 葉子、久保谷 美代子、白岩 秀子、関 律子、中川 洋子、若松 幸子:訪問看護利用者における家族介護者の 介護負担感~茨城県訪問看護実態調査から-1、第65回日本公衆衛生学会、2006、富山、 2006.10.25-27
  • 林原 好美、田宮 菜奈子、柏木 聖代、高橋 秀人:居住費・食費の自己負担発生による介護保険3施設への影響―介護保険給付費実態調査月報からー、第65回 日本公衆衛生学会、2006、富山、2006.10.25-27
  • 松澤 明美、田宮 菜奈子、茅根 明、黒川 俊光、竹谷 俊樹:支援費制度下における在宅障害児(者)の母親の育児負担感とサービス利用―制度転換における サービス利用の変化を中心に-、第32回日本重症心身障害学会、2006、富山、2006.10.25-27
  • 竹迫 弥生、田宮 菜奈子、梶井 英治:介護人福祉施設における終末期の医療費及び介護費用-1施設7症例の検討、第65回日本公衆衛生学会、2006、富 山、2006.10.25-27
  • 竹迫 弥生、田宮 菜奈子、梶井 英治:介護老人福祉施設における終末期ケアー1介護老人福祉施設における同意書を用いた終末期の場所の決定過程―、第29回 プライマリ・ケア学会学術集会、2006、名古屋、2006.5.13-14
  • 海野 幸太郎、田宮 菜奈子、永田 博司:茨城県内筋萎縮性側索硬化症の療養の実態と課題、第64回日本公衆衛生学会、2005、札幌、 2005.9.14-16
  • 林原 好美、田宮 菜奈子、佐藤 幹也、高橋 秀人、大久保 一郎:介護保険料発生のサービス利用への影響―継続利用者のレセプトによる所得層別化分析、第 64回日本公衆衛生学会、2005、札幌、2005.9.14-16
  • 井口 亜美、田宮 菜奈子、細田 孝子、石田 久美子、本多 めぐみ:訪問介護員等の吸引に関する実態調査と保健所の役割、第64回日本公衆衛生学会、 2005、札幌、2005.9.14-16
  • 田宮菜奈子、他:在宅家族介護者における介護負担感に関連する要因、第64回日本公衆衛生学会、2005、札幌、2005.9.14-16
  • 松澤 明美、田宮 菜奈子、山崎 健太郎:高齢者のネグレクトが疑われた剖検事例―4年間の行政解剖記録から、第64回日本公衆衛生学会、2005、札幌、 2005.9.14-16
  • 竹迫 弥生、田宮 菜奈子、梶井 英治:高齢者福祉施設内死亡と関連する要因 事前指示書の影響を中心とした文献的考察、第64回日本公衆衛生学会、2005、札幌、2005.9.14-16
  • Tamiya N, Sato M, Hashimoto H, Yano E: Affecting factors to subjective burden of family caregiver: importance of informal support and economical burden, The Second ICOH International Conference on Psychosocial Factors at Work, 2005, Okayama, Japan, 2005.8.23-26
  • Nishimura M, Tamiya N, et.al.: Japan Do Women Prefer to Consult Female Physicians? – Patient Preferences Regarding Gender of the Physician, Wonca Asia Pacific Regional Conference 2005, 2005, Kyoto, Japan, 2005.5.25-27
  • 中嶋 玲子、福島 敬、中尾 朋平、杉江 征、清水 崇史、新井 邦二郎、小畑 文也、古谷 佳由理、田宮 菜奈子、松井 陽:小児がん診療現場における包括 的臨床心理学的支援の必要性について、第108回日本小児科学会、2005、東京、2005.4.22-24
  • Matsuzawa A, Tamiya N, Yamazaki K: Family caregiving problems in nine autopsy cases of suspected elder neglect in Japan, Sixth International Symposium on ADVANCES IN LEGAL MEDICINE, 2005, Hamburg, German, 2005.9.19-24
  • 佐藤 幹也、橋本 英樹、大脇 和浩、佐瀬 武、小川 晋市、濱田 千鶴、能勢 佳子、松井 千穂、原田 操、丸鶴 洋子、永田 朋子、田宮 菜奈子、矢野  栄二:在宅介護サービスの介護予防効果、第63回日本公衆衛生学会、2004、島根、 2004.10.27-29
  • 竹迫 弥生、田宮 菜奈子、梶井 英治:特別養護老人ホーム利用者の死亡場所を規定する要因の検討 1施設報告、第63回日本公衆衛生学会、2004、島根、2004.10.27-29
  • 林原 好美、田宮 菜奈子、高橋 秀人、佐藤 幹也:レセプトによる介護保険サービス利用3年間の推移-保険料発生の影響を中心に、第63回日本公衆衛生学 会、2004、島根、2004.10.27-29
  • 橋本 英樹、田宮 菜奈子:1年間の要介護度の変化に影響を及ぼす要因-H13年国民生活基礎調査から、第 63 回日本公衆衛生学会、2004、島根、2004.10.27-29
  • 松澤 明美、田宮 菜奈子:「我が国の福祉・介護における法的権利保障の現状-40年間の判決の分析から」、第 63 回日本公衆衛生学会、2004、島根、2004.10.27-29
  • ジーバース 能里子、田宮 菜奈子:ドイツ介護保険法における家族介護者擁護の法的基盤、第63回日本公衆衛生学会、2004、島根、 2004.10.27-29
  • 橋本 英樹、山岡 和枝、田宮 菜奈子、矢野 栄二:世帯所得・ 世帯構造・地域福祉資源と 高齢者の非自立状態との関連、第 63 回日本公衆衛生学会、2004、島根、2004.10.27-29
  • 山本 秀樹、田宮 菜奈子:高度の貧血患者が海外渡航を行った事例と対応について、第1回海外渡航者健康学会学術集会、2003、大阪、 2003.7.11-12
  • 田宮 菜奈子:超高齢社会での高齢者保健福祉における保健所の役割-介護保険時代下での機能訓練事業と介護予防の行方、平成15年度全国衛生行政研究会・セミ ナー、2003、京都、2003.10
  • 田宮 菜奈子、東 健一、佐藤 幹也、橋本 英樹、大脇 和浩、柏木 聖代、濱田 千鶴、前下 富久代、能勢 佳子、松井 千穂、小林 真紀子、迫望 都子、 矢野 栄二:介護保険在宅サービスの未利用に関連する要因、第62回日本公衆衛生学会、2003、京都、 2003.10.22-24
  • 吉岡 洋治、田宮 菜奈子、佐藤 幹也、大久保 一郎、矢野 栄二:公共系と民間系のケアプラン作成事業者による利用サービスの比較、第62回日本公衆衛生学 会、2003、京都、2003.10.22-24
  • Stuhltraeger 中西 真理、田宮 菜奈子、本園 Enzler 万子、鈴木 Haltinner 桂、矢野 栄二:スイス連邦在住の日本人を対象 とした高齢者介護に関する意識調査、第61回日本公衆衛生学会、2002、埼玉、2014.10.23-25
  • 柏木 聖代、田宮 菜奈子、佐藤 幹也、橋本 英樹、濱田 千鶴、前下 富久代、能勢 佳子、松井 千穂、小林 真紀子、矢野 栄二:介護保険在宅サービス 利用者における訪問看護利用に関連する要因 介護保険利用明細・実態調査による分析、第61回日本公衆衛生学会、2002、埼玉、2014.10.23-25
  • 田宮 菜奈子、佐藤 幹也、橋本 英樹、柏木 聖代、濱田 千鶴、前下 富久代、能勢 佳子、松井 千穂、小林 真紀子、矢野 栄二:介護保険施設入所に関連 する要因 介護保険利用明細・実態調査による分析、第61回日本公衆衛生学会、2002、埼玉、2014.10.23-25
  • 佐藤 幹也、田宮 菜奈子、柏木 聖代、橋本 英樹、濱田 千鶴、前下 富久代、能勢 佳子、松井 千穂、小林 真紀子、矢野 栄二:介護保険在宅サービス利 用者におけるサービス利用合計点数に関連する要因-介護保険利用明細および実態調査による分析-、第61回日本 公衆衛生学会、2002、埼玉、2014.10.23-25
  • 橋本 英樹、田宮 菜奈子、佐藤 幹也、柏木 聖代、濱田 千鶴、前下 富久代、能勢 佳子、松井 千穂、小林 真紀子、矢野 栄二:要介護度の縦断的変遷に 関する検討、第61回日本公衆衛生学会、2002、埼玉、2014.10.23-25
  • 田宮 菜奈子、矢野 栄二:公的介護保険制度導入前後のサービス利用および経済負担の変化、第60回日本公衆衛生学会、2001、香川、 2001.10.31-11.2
  • Tamiya N, Yamaoka K, Yano E: The use of home health services covered by new public long-term care insurance in Japan -the importance of caregiver as a determinant factor, The XVIIth World Congress of Gerontology, 2001, Vancouver, Canada, 2001.7.1-6
  • 長江 弘子、川越 博美、成瀬 和子、藤村 和弘、田宮 菜奈子、島田 千穂、錦戸 典子:訪問看護サービスの質の評価に関する研究 その4~訪問看護事業所の第3者評価指標作成の試み〜、第59回日本公衆衛生学会、2000、前橋、 2000.10.18-20
  • 藤村 和弘、川越 博美、田宮 菜奈子、長江 弘子、成瀬 和子、島田 千穂、錦戸 典子:訪問看護サービスの質の評価に関する研究 その3~サービス評価としての利用者満足度調査による検討~、第59回日本公衆衛生学会、2000、前橋、 2000.10.18-20
  • 田宮 菜奈子、島田 千穂、錦戸 典子、長江 弘子、成瀬 和子、藤村 和弘、川越 博美:訪問看護サービスの質の評価に関する研究 その2~サービス評価としてのアウトカムの検討、第59回日本公衆衛生学会、2000、前橋、 2000.10.18-20
  • 島田 千穂、田宮 菜奈子、藤村 和弘、錦戸 典子、長江 弘子、成瀬 和子、川越 博美:訪問看護サービスの質の評価に関する研究 その1~サービスの質評価に関する実態調査~、第59回日本公衆衛生学会、2000、前橋、 2000.10.18-20
  • 田宮 菜奈子、天利 紀子、村田 勝敬、青木 伸介、佐藤 洋生、岩本 克巳、小形 烈、池田 貞雄、矢野 栄二:重度心身障害者介護職員の腰部負荷―送迎時 の車種・乗車状況による差、第73回日本産業衛生学会、2000、北九州、2000.4.23-26
  • 田宮 菜奈子、甲斐 一郎:Katzによる日常生活動作(ADL)測定尺度の3段階加算点数化の有用性、第58回日本公衆衛生学会、1999、大分、 1999.10.20-22
  • 田宮 菜奈子、池田 貞雄:老人保健施設の看護・介護職のための症状別医療対応マニュアル作成の試み-米国のガイドラインと自験症例を踏まえて、第10回全国 老人保健施設大会、1999、長野、1999.10.13-15
  • 田宮 菜奈子、矢野 栄二:胃瘻のある高齢者の特別養護老人ホ-ム受け入れ状況―都内23区の実態から医療と福祉の連携を探る、第30回日本老年医学会関東甲 信越地方会、1999
  • 田宮 菜奈子、池田 貞雄:老人介護・保健施設における症状別医療対応ガイドラインの試み、第22回日本プライマリ・ケア学会、1999
  • 田宮 菜奈子、池田 貞雄、天利 紀子、多田 一規、下山 幸江、矢野 栄二:老人保健施設介護士の介護動作における腰椎負荷量の測定―Body Mechanicsに基づく負荷の軽減、第72回日本産業衛生学会、1999、札幌、1999.5.6-9
  • 田宮 菜奈子:訪問看護ステーションにおける継続的な質向上のための対策、厚生省長寿科学総合研究第3分野(リハビリテーション、看護・介護)報告会、 1998
  • 田宮 菜奈子:これからの老人保健施設と看護職―質の高いケアを目指して、日本看護協会老健施設における看護管理シンポジウム、1998
  • 田宮 菜奈子、門石 春美、高橋 美保、山原 雅子:訪問看護ステ-ションにおける継続的な質向上のための対策―QA(Quality Assessment)QI(Quality Improvement)の導入、第57回日本公衆衛生学会、1998、岐阜、1998.10.28-30
  • 田宮 菜奈子、池田 貞雄:老人保健施設における医療―入院者の実態および推移、第9回全国老人保健施設大会、1998
  • 田宮 菜奈子、小林 廉毅、室生 勝、今高 國夫、佐藤 怜:訪問看護ステーションと医師との連携ー茨城県における医師・ステーション双方への調査結果-、厚 生省長寿科学総合研究第3分野(リハビリテーション、看護・介護)報告会、1997
  • Chu L, Tamiya N, Yano E: The correlation Between UVB Irradiation and the Proportion of patients with Cataract-An Epidemiological Study Based on a Nation-wide Patient Survey in Japan, US-Japan Cooperative Cataract Research Group Meeting, 1997
  • 田宮 菜奈子、小林 廉毅、矢野 栄二:訪問看護ステ-ションと医師との連携(2)―茨城県内訪問看護ステ-ション管理者を対象とした調査、第56回日本公衆 衛生学会、1997
  • 小林 廉毅、田宮 菜奈子、和田 詠子、矢野 栄二:訪問看護ステ-ションと医師との連携(1)―茨城県内診療所医師を対象とした調査、第56回日本公衆衛生 学会、1997
  • 田宮 菜奈子、加納 克巳、村上 茂樹、大滝 純司、小林 廉毅、矢野 栄二:脳血管障害患者の自宅退院に影響を及ぼす要因―茨城県57病院における入院患者 1年後の追跡、第67回日本衛生学会、1997
  • 田宮 菜奈子、正木 礼子、當山 典子:訪問看護ステーションにおける医師との連携-電話調査からみた現状と問題点、厚生省長寿科学総合研究第3分野(リハビ リテーション、看護・介護)報告会、1996
  • 長谷川 友紀、田宮 菜奈子、矢野 栄二、東 博文:鹿児島県保健婦の研修・学習状況に関する調査、第55回日本公衆衛生学会、1996
  • 朱 麗如、田宮 菜奈子、矢野 栄二:白内障有病率に及ぼす紫外線照射の影響―患者調査による47都道府県における分析、第55回日本公衆衛生学会、1996
  • 田宮 菜奈子、金田 麻里子、若松 弘之、矢野 栄二:機能訓練事業の参加者における男女差に影響を及ぼす要因-東京都機能訓練事業実態調査から、第55回日 本公衆衛生学会、1996
  • 田宮 菜奈子、正木 礼子、當山 典子:訪問看護ステ-ションにおける医師との連携、第66回日本衛生学会、1996
  • Tamiya N, Sasaki J, Ohtaki J, Yoshizawa K, Kano K: Factors affecting the discharge of the cerebrovascular disease patients: A one year follow up study of the patients in 57 hospitals, 5th Asia/Oceania Regional Congress of Gerontology, 1995
  • 田宮 菜奈子、荒記 俊一、山下 公平、小林 廉毅、矢野 栄二、佐々木 和人:脳血管障害患者の機能訓練事業へのAccessibilityにおける男女差 とその要因―埼玉県における実態調査による検討、第54回日本公衆衛生学会、1995
  • 小林 廉毅、田宮 菜奈子、庄司 宗介:検案記録から見た高齢者在宅死の現状、第65回日本衛生学会、1995
  • Shimizu T, Tamiya N, Isihzaki T: An Overview of the Japanese Elderly from the Perspectives of Clinical Neurology and Public Health, The 1st Teikyo-Harvard Symposium, 1994
  • 田村 憲治、村上 正孝、田宮 菜奈子、西連地 利己、高橋 秀人:国保レセプト統計を用いたスギ花粉症受診率の変動分析、第52回日本公衆衛生学会、 1993
  • 石崎 達郎、田宮 菜奈子、片桐 ちえ子、塙 正男、甲斐 一郎、大井 玄、前田 和甫:要介護老人の在宅ケアと急性期医療、第52回日本公衆衛生学会、 1993
  • 大滝 純司、村上 茂樹、湊 孝治、茂手木 甲寿夫、石田 久美子、吉沢 和朗、羽賀 正之、田宮 菜奈子、佐々木 順子、加納 克己:訪問看護担当者の意識 と活動状況―茨城県における調査、第51回日本公衆衛生学会、1992
  • 佐々木 順子、村上 茂樹、湊 孝治、茂手木 甲寿夫、石田 久美子、吉沢 和朗、羽賀 正之、田宮 菜奈子、大滝 純司、加納 克己:在宅ケアの取り組みの 現状―茨城県における診療所調査、第51回日本公衆衛生学会、1992
  • 村上 茂樹、金沢 幸子、海老沢 佐賀恵、茂手木 甲寿夫、湊 孝治、石田 久美子、羽賀 正之、加納 克己、佐々木 順子、大滝 純司、田宮 菜奈子、吉沢  和朗:在宅ケアの取り組みの現状―茨城県における病院調査、第51回日本公衆衛生学会、1992.
  • 田宮 菜奈子、村上 茂樹、吉沢 和朗、湊 孝治、茂手木 甲寿夫、石田 久美子、羽賀 正之、大滝 純司、佐々木 順子、加納 克己:脳血管障害患者の自宅 退院に必要な条件-茨城県の病院における主治医に対する調査、第51回日本公衆衛生学会、1992
  • 村上 正孝、高橋 秀人、田宮 菜奈子:茨城県におけるアレルギ-性鼻炎の11年間の推移と地理的分布-国保レセプトデ-タの分析、第51回日本公衆衛生学 会、1992
  • 田宮 菜奈子、村上 正孝:在宅および入院癌患者と一般健常人におけるQOL(Quality of Life)比較、第62回日本衛生学会、1992
    村上 正孝、田宮 菜奈子、小野 雅司、田村 憲治:我が国におけるアレルギ-疾患の地理的分布と経年的推移に関する検討、第62回日本衛生学会、1992
  • 大滝 純司、村上 茂樹、湊 孝治、茂手木 甲寿夫、石田 久美子、吉沢 和朗、羽賀 正之、田宮 菜奈子、佐々木 順子、加納 克己:所属機関別にみた訪問 看護担当者の活動状況―茨城県での調査結果から―、第7回家庭医療学研究会、1992
  • 田宮 菜奈子、村上 正孝:外国人労働者の労働衛生の問題をめぐって、第174回日本産業衛生学会関東地方会、1991
  • 田宮 菜奈子、巻田 ふき、七田 恵子、荒記 俊一、籏野 脩一:高齢死亡者の地域比較―2)在宅死に影響を及ぼす地域要因―介護者の要因からの検討、第50 回日本公衆衛生学会、1991
  • 籏野 脩一、田宮 菜奈子、七田 恵子、巻田 ふき:高齢死亡者および高齢障害者の地域比較―1)疾患と日常生活動作を中心に、第50回日本公衆衛生学会、 1991
  • 七田 恵子、巻田 ふき、田宮 菜奈子、籏野 脩一:介護の負担感は減らせるか、第50回日本公衆衛生学会、1991
  • Hatano S, Fujita T, Shichita K, Makita F, Tamiya N: Health and related factors observed in the elderly residents in 3 areas in Japan, The 5th Asia/Oceania Regional Congress of Gerontology, 1991
  • 田宮 菜奈子:在宅における癌治療とQOL(シンポジスト)、第4回日本精神腫瘍学会総会シンポジウム、1991
  • 七田 恵子、巻田 ふき、矢部 弘子、大竹 登志子、鎌田 ケイ子、田宮 菜奈子、籏野 脩一:地域在宅老人の日中寝床時間と日常生活動作能力との関係、第 49回日本公衆衛生学会、1990
  • Tamiya N, Araki S, Inagaki K, Urano N, Sato A, Ohi G: Assessment of pain by visual analogue scale in rheumatoid arthritis patients, First International Congress of Behavioral Medicine, 1990
  • 田宮 菜奈子、荒記 俊一、横山 和仁:在宅脳血管障害患者の日常生活動作の改善に影響を及ぼす要因、第60回日本衛生学会、1990
  • 田宮 菜奈子、荒記 俊一、横山 和仁、伊丹 仁朗:癌患者におけるVisual Analogue Scale(VAS)によるQOL評価法の検討、第60回日本衛生学会、1990
  • 田宮 菜奈子、荒記 俊一、横山 和仁:Visual Analogue Scale(VAS)による感情評価法の検討、第48回日本公衆衛生学会、1989
  • 田宮 菜奈子、七田 恵子、籏野 脩一、巻田 ふき、荒記 俊一:在宅死を可能にした条件―主として医療の面から、第59回日本衛生学会、1989
  • 寺尾 浩明、甲斐 一郎、平野 亙、浦野 直子、山岡 和枝、田宮 菜奈子、市川 伸一、佐藤 智、稲垣 克彦、福井 次矢、大井 玄:生活の満足度、痛み、 不安、鬱の関係―VASによるリウマチ患者の経時的観察、第47回日本公衆衛生学会、1988
  • 田宮 菜奈子、佐藤 智、稲垣 克彦、甲斐 一郎、寺尾 浩明、平野 亙、浦野 直子、大井 玄:リウマチ患者の生活の満足度、痛み、不安、憂鬱の経時的計 測、第58回日本衛生学会、1988
  • 大井 玄、浦野 直子、稲垣 克彦、佐藤 智、甲斐 一郎、小笠原 道夫、福井 次矢、田宮 菜奈子、寺尾 浩明、山岡 和枝:リウマチ患者の痛み、不安、憂 鬱、生活の満足度―VASによる観察、第46回日本公衆衛生学会、1987
  • 田宮 菜奈子、小泉 明、森本 兼曩、旭 俊臣、山岡 和枝、甲斐 一郎、小笠原 道夫、佐藤 智、大井 玄:痛み・不安および抑欝の計測について、第57回日本衛生学 会、1987