ヘルスサービス開発研究センター センター長
田宮 菜奈子
医学医療系ヘルスサービスリサーチ分野 教授
医師(医学博士)、公衆衛生学修士、介護支援専門員

 
私の研究の原点は、訪問診療や介護施設勤務など地域の臨床経験を通じ、病院・地域の連携不足など、医療をサービスとして評価する必要性を痛感したことにあります。その後、博士論文として往診医師の重要性と住宅改修の効果(いずれも日公衛生誌1990)を示し、また、ハーバード公衆 衛生大学院でヘルスサービスリサーチ(以下、HSR)という概念に出会い、我が国初のHSR分野を開講するなど、一貫して、①介護保険制度評価、②かかりつけ医師推進、③介護家族の実態、④在宅・施設ケアの評価、⑤法医公衆衛生学を研究の柱としてきました。
主である①では、サービス利用規定要因としての家族の重要性 (IJQHC)、地域リハビリテーションに戸別送迎が必須であること(IJQHC, BMC Geriatrics)、ショートスステイ利用と本人の介護度悪化の関係(BMC Geriatrics)、さらにはランセット日本特集で、介護保険を世界に紹介しつつ、全国データ分析により高所得層の介護者にのみ効果が高いことを示しました (Lancet)。さらに、介護保険支出の最大要因は施設ケアの高介護度者であること(BMC HSR)、訪問看護利用の抑制要因(BMC Geriatrics)等を示しました。②では、在宅総合診療所の推進要因を医師会と共同研究で示し(プライマリーケア学会誌)、また、医師 の意見書分析から、かかりつけ医師の重要性を示す研究、またプライマリーケア医師の国際比較などを進めています。③では、嫁の介護で生存時間が短いこと(BMC Geriatrics)など、④では、在宅生活継続への訪問看護の有効性(GGI)、施設看取りでの医師の役割(Health Policy)や、施設ケアにおけるアウトカム評価(GGI)等を示しました。⑤では、法医学データにより孤独死対策への基礎データを示しました(BMJ open)。研究室の仲間とともに、「生活と調和した医療のために」をモットーに、ヘルスサービスリサーチを通して、質の高い各種サービスを必要な人に きちんと届けられるようなしくみづくりに貢献していきたいと考えています。

所属

筑波大学 医学医療系 ヘルスサービスリサーチ分野

資格・仕事

医師(医学博士)、公衆衛生学修士、介護支援専門員
専門分野:公衆衛生

最近の研究テーマ

ヘルスサービスリサーチ、アウトカム研究、公衆衛生学、介護保険制度、在宅医療、在宅ケア、高齢者施設ケア、障害者の地域医療ケア、医療・介 護・福祉サービスの質の評価、医療・介護制度の国際比較、各種サービスへのアクセス、法医公衆衛生学、孤立死、小児虐待、高齢者虐待、チャイ ルドヘルスサービスリサーチ、PDCA

経歴

1986年 筑波大学医学専門学群 卒業 7回生
1990年 東京大学大学院医学研究科博士課程社会医学専攻 修了  医学博士
1991年 筑波大学社会医学系 助手
1992年 帝京大学医学部衛生学公衆衛生学教室 助手
1993-1994年 第1回帝京-ハーバードフェローとして、米国ハーバード大学公衆衛生学部修士課程(Health Service Research専攻)
Master of Science
1997年 南大和老人保健施設 副施設長(帝京大学医学部 非常勤講師)
1999年 同 施設長(帝京大学医学部 非常勤講師)
2000年 帝京大学医学部衛生学公衆衛生学教室 講師
2003年 筑波大学社会医学系 教授
2004年 筑波大学人間総合科学研究科・ヒューマンケア科学専攻 教授(組織改変・大学院化のため)
2012年 筑波大学医学医療系ヘルスサービスリサーチ分野 教授(組織改変のため)
2017年 ヘルスサービス開発研究センター センター長
1986年5月 医籍登録(第296940号)
1999年3月 介護支援専門員資格取得(神奈川県第98D3115号)
1999年8月 米国老人施設管理医認定単位取得(American Medical Directors’ Association)

学会活動等 (主要なもののみ)

1987年~現在 日本公衆衛生学会会員 (2001年10月第60回公衆衛生学会奨励賞受賞) (2002年より評議員・査読委員、2012年より編集委員長 2014年より理事)
1991年~現在 日本疫学会(2015.12~代議員)
1996年~現在 International Society for Quality in Health Care 会員
2004年~現在 日本プライマリ・ケア連合学会
~現在 日本国際保健医療学会(2012年より代議員)
~現在 日本老年医学会
2013年~現在 Gerontologigal Society of America
2014年~現在 日本社会福祉学会

受賞

2001年 日本公衆衛生学会奨励賞
2013年 平成24年度大学教員業績評価に係るSS評価教員の認定(学長表彰)
2016年 Certificate of Outstanding Contribution in Reviewing, Social Science & Medicine, Elsevie
2019年 間接経費高額寄付による表彰