ヘルスサービスリサーチ - 生活と調和した医療を目指して

生活と調和した医療のために

一Towards health services in harmony with life一

平成29 年7 月1 日より、ヘルスサービス開発研究センターが開所いたしました。
これは日本初のヘルスサービスリサーチ(HSR) に特化したセンターです。
HSRとは、医療を一連のサービスとして捉え、「人に健康· 幸福をもたらすサービスを、必要な人に、いかに効果的に届けるか」を研究し、その質の向上を計る学問です。
国レベルや地域のデータ分析等を通して、実社会とともにサービス向上を目指します。
 そして、特に本センターでは、予防から介護福祉を含む広いサービスとその連続性を大切にし、社会に実装することを目指しています。
 開かれた大学である筑波大学らしく、みなさまと共にあるセンターとして、歩んでいきたいと思っております。

センター長 田宮 菜奈子

医療を必要な人に、いかに効果的に届けるか

医療を一連のサービスとして捉え、「人に健康· 幸福をもたらすサービスを、必要な人に、いかに効果的に届けるか」を研究する

国レベルや地域のデータ分析

国レベルや地域のデータ分析等を通して、実社会とともにサービス向上を目指す

予防から介護福祉を含む広いサービスとその連続性を重視

予防から介護福祉を含む広いサービスとその連続性を大切にし、社会に実装することを目指す

ヘルスサービス開発研究センターのミッション

少子高齢化時代において、「人に健康・幸福をもたらすサービスを、必要な人に、いかに効果的に届けるか」を研究し、社会に実装する。

新着情報

時空を超えて

梅雨の最中、学会や数々の公的会議もオンラインで開催されるようになり、オンラインミーティングにもだいぶ慣れてきました。 先日は2ヶ月に1度のヘルスサービスリサーチ研究会をオンラインで初めて開催しました。遠方の方々も、久しぶりの方々も、皆さんオ

夏みかんの花

一度に2つの写真は載せられないようです。 まだなかなか慣れません。こちらに写真だけアップしますね。夏みかんの香りが届くといいな^_^

5月の終わり

皆様 新緑美しい5月も今日で終わりですね。 手探り状態で始まった警戒宣言も解除になり、まだまだ予断は許しませんが、いろいろわかってきたことも多いように思います。これから、リスク回避を維持しながら、経済的な打撃をどう立て直すか大きな課題です。

Super moon

4月8日 のつぶやき こんばんは。 スーパームーンの光を浴びながら、八重桜の並木道を歩いています。桜が散ってしまって寂しいなと思った時に、また桜とは違った華やかさで楽しませてくれます。しかも今晩は、どこ歩いてもスーパームーンが清々とした光