ヘルスサービスリサーチ - 生活と調和した医療を目指して

生活と調和した医療のために

一Towards health services in harmony with life一

平成29 年7 月1 日より、ヘルスサービス開発研究センターが開所いたしました。
これは日本初のヘルスサービスリサーチ(HSR) に特化したセンターです。
HSRとは、医療を一連のサービスとして捉え、「人に健康· 幸福をもたらすサービスを、必要な人に、いかに効果的に届けるか」を研究し、その質の向上を計る学問です。
国レベルや地域のデータ分析等を通して、実社会とともにサービス向上を目指します。
 そして、特に本センターでは、予防から介護福祉を含む広いサービスとその連続性を大切にし、社会に実装することを目指しています。
 開かれた大学である筑波大学らしく、みなさまと共にあるセンターとして、歩んでいきたいと思っております。

センター長 田宮 菜奈子

医療を必要な人に、いかに効果的に届けるか

医療を一連のサービスとして捉え、「人に健康· 幸福をもたらすサービスを、必要な人に、いかに効果的に届けるか」を研究する

国レベルや地域のデータ分析

国レベルや地域のデータ分析等を通して、実社会とともにサービス向上を目指す

予防から介護福祉を含む広いサービスとその連続性を重視

予防から介護福祉を含む広いサービスとその連続性を大切にし、社会に実装することを目指す

ヘルスサービス開発研究センターのミッション

少子高齢化時代において、「人に健康・幸福をもたらすサービスを、必要な人に、いかに効果的に届けるか」を研究し、社会に実装する。

新着情報

筑西市と協定を結びました

茨城県西部メディカルセンターに、臨床と予防医学を両立する研修環境を組織的に整えることで、生活習慣病の疫学と予防研究鵜を推進し、地域の保健医療問題を俯瞰的に捉え全人的な視野を持って医療を実践する医師を育成を行い、また茨城県西部メディカルセンタ